『愛と日本語の惑乱』
- 2016/03/26(Sat) -
清水義範 『愛と日本語の惑乱』(講談社文庫)、読了。

清水節炸裂の一冊、面白かったです。

テレビ局SHKの用語委員会の委員を務めるコピーライターの主人公。
委員として、「正しい」日本語と現実の日本語の折り合いのつけ方を考えたり
学者先生に難癖をつけられて怒ったり、
出版者の校閲の五月蝿いチェックにイライラしたり。

「正しい」日本語にまつわる様々な論点を
コミカルな小説仕立てで描いており、面白おかしくサラサラと読めます。

著者自身の経験も多分に入っているだろうなぁと思わせる
エピソードの数々に思わず笑ってしまいます。

それにしても、なぜ日本人は、「正しい」日本語というものに
かくも拘るのか・・・・というか、喧々囂々と議論したがるのでしょうか。
他の言語でも同じようなものなのでしょうか?

日本語を話す人間と、日本国籍を持つ人間と、日本国に住む人間とが
ほぼほぼ重なるという状況と、日本という国の2000年近い歴史からすると
「純粋日本人が過去からずっと使い続けてきた真正の日本語」というものが
あるように錯覚してしまっているのではないかと思います。

他民族の支配を受けたことがある中国や、
他の国からの移民の国である米国、
戦争により国境が幾度も変化してきた欧州などでは、
言語への執着というものは、日本人ほどには持っていないのかもしれないと思いました。

ただ、その日本人自身が、本作の主人公が学者センセにネチネチと言われたように
従来の表現を破壊して、造語や新表現、新文法を作ってしまうという
柔軟性を持っているのも、面白い特徴だなと思います。

中国から漢字を輸入し、かなとカナを作り、
欧米から横文字を輸入し、造語もたくさん作り、
各種文化を柔軟に受け入れつつも、日本流の文化に変容させてしまう
そして純日本文化にも拘ってみせる(得てして「純」ではないものを「純」と思い込んでますが・・・)という
二面性を持った面白い国民性の現われなのかもしれません。

というように、私もゴチャゴチャ日本語について述べたくなってしまうところが、
まさに日本人なんでしょうね。


愛と日本語の惑乱 (講談社文庫)愛と日本語の惑乱 (講談社文庫)
清水 義範

講談社 2014-02-14
売り上げランキング : 438977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『雑学のすすめ』
- 2015/05/26(Tue) -
清水義範 『雑学のすすめ』(講談社文庫)、読了。

清水センセとサイバラ画伯のコンビによる教育シリーズ。

「雑学」と銘打ってますが、かなり社会科よりです。
やはり、それなりに掘り下げて論じようとすると、どうしても歴史の話に行かざるを得ず、
そうすると、地理方面も加味しながら、社会科になってしまうようです。

とっぴな雑学知識を期待するとアレですけど、
いろんな雑学がつながっていく展開を楽しむには面白い本です。

世界って、繋がってるんだなぁ~みたいな。

サイバラ画伯は、マンガではなく、イラストとしての参加だったので
ちょっと存在感が薄くて残念でした。


雑学のすすめ (講談社文庫)雑学のすすめ (講談社文庫)
清水 義範 西原 理恵子

講談社 2010-05-14
売り上げランキング : 133774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『ああ知らなんだこんな世界史』
- 2014/12/04(Thu) -
清水義範 『ああ知らなんだこんな世界史』(朝日文庫)、読了。

清水センセによる世界史の解説。
ただし、世界史と言っても、日本には馴染みの薄いイスラム圏を中心とした歴史です。

私は、高校生のときに日本史を選択したので、
世界史の授業は、必修授業だった1年生に学んだ範囲でブチッと中断しています。
今思えば、なんとも意味の無い学び方・・・・・・。

日本史を選択した理由が、
世界史の授業って、とある地域の特定の時代の歴史をちょっと学んだら
すぐにまた別の地域の別の時代の話になって・・・・・と
連続性がなかったので、興味を持ち続けられなかったんですよね・・・・。
「ヨーロッパの歴史」「インドの歴史」「中東の歴史」みたいに
一気通貫で学べれば、その地域独特の歴史の面白さを感じられたと思うのですが。

一方で、「日本の歴史」と言ったときに、アイヌや琉球地方は別としても、
基本的には「日本」という国境の変化が時代を通してあまりないために、
「国の歴史」というものが、一気通貫であるように思い込んでしまっているのも確か。
それは、万世一系の天皇家が綿々と継がれていっていることに象徴されるように。

しかし、本作を読んで感じたのは、とある国の歴史や国の大きさというものは、
横に大きく広がったり、縮んだりし、
時には消滅したり、分裂して生まれたりという縦の変化も多様です。
「この国の歴史」なり「この地域の歴史」という形でまとめるのが
非常に難しいんだろうなということも、良く分かりました。
そういう意味では、やはり、海外では、「民族」という概念が最も連続性を求めやすい
大事な軸なんだろうなということも納得。

日本(と言っても私だけかもしれませんが)と世界では、
全然違ったものの見方をしている可能性があるということを気づかせてくれる
良い読書になりました。


ああ知らなんだこんな世界史 (朝日文庫)ああ知らなんだこんな世界史 (朝日文庫)
清水義範

朝日新聞出版 2013-05-08
売り上げランキング : 279582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『行儀よくしろ。』
- 2014/02/21(Fri) -
清水義範 『行儀よくしろ。』(ちくま新書)、読了。

なんだか清水センセが怒ってるようだったので(笑)、読んでみました。

この方、結構、本音でお話しちゃうところがあるので、
「それ、言っちゃうか!」と、気分爽快。

教師は危機感のない公務員で、誇りは強く、社会常識は少し欠け、
えも小・中学生に教科書の内容を教えことはできる・・・・
等とバッサリ書いていき、

先生なんて、そのぐらいのものである。

と言い切ってしまうところが凄いです。
つまり、過剰な期待をするなということ。

聖職者や人生の師となりうる人はもちろんいる。でもそれは一部だ。
教科書の内容を教えられる程度の先生で我慢しろ。それ以上求めるな。

うーん、教育大学の出身者の方で、ここまで言い切れる人は凄い。
友人や先輩、後輩に多くの教師がいるだろうに(苦笑)

他にもテレビCMだったり、バカな若者に優越感を抱く大人だったりにあれこれ言ってます。
ここまで割り切って、本音で主張できる人には清清しさを感じます。
しかも、責め立てたり、キツイ言葉を言い放ったりするのではなく、
関係者や、反対に揚げ足取りをしたがる人に相応の配慮をしながら
文章を重ねていく丁寧さはさすがです。

後半は、ちょっと、お爺ちゃんのお小言的な文章が多かった気がしますが、
中盤までは小気味よく読めました。


行儀よくしろ。 (ちくま新書)行儀よくしろ。 (ちくま新書)
清水義範

筑摩書房 2014-01-17
売り上げランキング : 7242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『親亀こけたら』
- 2013/02/13(Wed) -
清水義範 『親亀こけたら』(徳間文庫)、読了。

久々の清水作品、面白かったです。

ツアー旅行の同行者とか、喪中ハガキとか、回覧板とか、
日常生活の、ある意味どーでもよいところに拘って、
1つの作品に描いてしまうところなど、流石です。

大したことのない人の年譜を作ってみたり、
家族の1人1人の断面を紹介して家族全体を描いてみせたり。
枠組みを工夫した作品も面白かったです。

1つだけ、掃除(というか家事全般)をしない主婦の日常を淡々と描いた作品は、
もう、生理的にダメでした。
こういう不衛生さを徹底的に描写してくる作品って、本当に苦手です。
特に本作は、本人が不衛生だと感じていない時点で最悪です(苦笑)。
男の人で、ここまで描けるのは逆に凄いかも・・・と思ってしまいました。


親亀こけたら親亀こけたら
清水 義範

徳間書店 1998-08
売り上げランキング : 1239617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『サイエンス言誤学』
- 2012/02/02(Thu) -
清水義範 『サイエンス言誤学』(朝日文庫)、読了。

「おっ、ハカセ&サイバラのシリーズだ!」と思って
勢いよく買ってきたら、どうやら違ったみたい(涙)。
前にも同様手口に騙されたのに、全然その経験が活かされてません(苦笑)。

さて、本作は、『サイアス』誌に連載された科学コラムをまとめたもの。
科学素人の立場で科学について語ってみようということで、
清水先生に白羽の矢が立ったのは、良い人選ですね。

素人目線で分かりやすく解説してくれるだけではなく、
分からないものには「分からない」とはっきり言うという勇気ももらえ(笑)、
さらには、読者から間違いを指摘されて次号で訂正したり、
いっそのこと読者に教えてくれと質問してしまったりと、
まー、科学マニアを上手く巻き込んだコラム展開をしています。

正味、文庫本で3ページ弱のコラムですから、
内容的にちょっと物足りないところはあるのですが、
息抜きに読むのには、ちょうど良かったです。


サイエンス言誤学 (朝日文庫)サイエンス言誤学 (朝日文庫)
清水 義範

朝日新聞社 2004-12
売り上げランキング : 637738

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『MONEY』
- 2010/01/24(Sun) -
清水義範 『MONEY』(徳間文庫)、読了。

お金にまつわるお話8編。

各短編のタイトルの付け方は面白かったのですが、
肝心の物語はオチがいまいち・・・。

「えっ?これで終わり?」というような
あっけないものが多くて、なんだか消化不良感が残りました。

そして、世の中、東隆文や轟政嗣のような人間がたくさんいるんだろうなぁと
読みながら世間にガッカリしてしまったり。

面白かったのは、「ミスターXの誘拐 2,800,000」。
ストーリーは読めてしまったのですが、
そんなことよりも、名古屋人の会話が面白くて。
清水センセは名古屋弁の大家ですね。


MONEY (徳間文庫)
MONEY (徳間文庫)
徳間書店 2007-01-06
売り上げランキング : 568288

おすすめ平均 star
starお金って面白い!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ゴミの定理』
- 2009/10/24(Sat) -
清水義範 『ゴミの定理』(講談社文庫)、読了。

これは、面白いものとそうでないものの差が激しかったです。

「楽しい家族旅行」などは、
清水作品らしい人生の皮肉が効いてて、面白かったです。
家族って、「家族という枠組み」をしっかりはめようとしないと
やっぱりバラバラなんですよねー。
で、親のほうは「枠をはめたい」という意志を基本的には持っていて、
子供のほうは一方的に嫌がるのかというと、「枠をはめてもらっておきたい」という
安心感を求めるようなところもあり、変なバランスの上に家族っているんですよね。

あとは「ガイドの話」なんかは、
「そういうのあるよねー」と納得しながら笑える話でした。

そのほかは、ちょっとエッセイの要素が強かったり、
作品の狙いがちょっと強引だったりして、
全体としては、まぁまぁという感じでしょうか。

ただ、文句を言いつつも買ってしまうのが清水義範であり、
息抜き的にお気楽に読める作家がいるというのも
本読みには大事なことかと思います。


ゴミの定理 (講談社文庫)
ゴミの定理 (講談社文庫)
講談社 2004-02
売り上げランキング : 305520

おすすめ平均 star
starいわば「清水義範2.0」
star「ユーモア小説」というが・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『バールのようなもの』
- 2009/07/05(Sun) -
清水義範 『バールのようなもの』(文春文庫)、読了。

最近は、「当たり!」と思う作品にぶつからず、
ちょっと間が空いてしまいましたが、久々の清水ワールドは面白かったです。

初っ端、表題作の「バールのようなもの」で始まりますが、
このクダラナイことに拘った設定が良いですね~。

「みどりの窓口」の観察眼なども
清水義範ここにあり!のような典型です。

「役者語り」は、某歌舞伎俳優さんをパロってますが、
かなり皮肉の利いた内容で痛快です。

「山から都へ来た将軍」は、作品としての面白さはイマイチでしたが、
木曽義仲という人物のことをあまり知らなかった身としては、
歴史の勉強になりました。わかりやすかった!

本作で一番好きだったのは「愛知妖怪事典」。
「妖怪とこなめ」なんて、ほんとに居そう(爆)。
そして、「じもくじのお婆さん」は、確かに恐ろしい響きだ(笑)。

「新聞小説」も、納得性高し。
筒井さん灰谷さんも出てきたねぇ。
小学生の作文についての件、ブラックさに爆笑。


バールのようなもの (文春文庫)
バールのようなもの (文春文庫)清水 義範

文藝春秋 1998-09
売り上げランキング : 183319

おすすめ平均 star
star彼の最初で最後の傑作かも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

朝のガスパール (新潮文庫)
朝のガスパール (新潮文庫)筒井 康隆

おすすめ平均
stars天才 そして 極悪人
stars小説の限界を超えた
stars最高の作品。
stars筒井メタ・フィクションの最高傑作と思ってます
stars読者参加小説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)
天の瞳 幼年編〈1〉 (角川文庫)灰谷 健次郎

おすすめ平均
starsみんな読んでみて
stars長編シリーズだけどわりと気軽に読める
stars素晴らしいです
starsはまります
stars感動とそして子育てを振り返るきっかけに。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『バスが来ない』
- 2008/09/14(Sun) -
清水義範 『バスが来ない』(徳間文庫)、読了。

3連休で気の抜けた頭に、軽~い清水本を。

ご本人があとがきで、
「これほど小さなどうでもよいことを扱った物語はそうないだろう」
と述べているように、
まーどうでもいいはなしのオンパレード(褒め言葉です)。

「ねぶこもち艶笑譚」が、
下ネタ満載で意外な清水作品で、新鮮でした。


バスが来ない (徳間文庫)
バスが来ない (徳間文庫)清水 義範

徳間書店 1997-05
売り上げランキング : 562262

おすすめ平均 star
starなかなか・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  清水義範 | CM(0) | TB(2) | ▲ top
| メイン | 次ページ