FC2ブログ
『ランナー』
- 2021/01/16(Sat) -
あさのあつこ 『ランナー』(幻冬舎文庫)、読了。

陸上部に所属していた高校1年生の少年。
競技会での敗北で挫折し、同時期に起こった両親の離婚に始まる家庭の問題にも直面し、
陸上部を退部し家で幼い妹の遊び相手をしています。

この少年に対して、陸上部の先輩マネージャー、陸上部の同級生の友人など
様々な人が退部後の少年のことを気にかけて声をかけてきますが、
その接し方が、無理には踏み込まず、一線をきちんと引いたうえで
自分の気持ちを押し付けすぎないように配慮しながらなので、
すごく素敵な人たちに囲まれているなと素直に羨ましくなりました。

一方で、家庭の方。
両親が離婚。子供二人は母親が引き取りますが、妹はもともとは父親の弟の子供。
弟夫婦が事故死したため養子縁組で引き取った娘です。
家族4人で居る時は、実の子も養子の子もともに愛情をもって育てられたのに、
離婚をして、自分が一家の生計を全部背負うことになり、追い詰められた日々を送る中で、
娘の面影の中に逃げていった夫の姿を見てしまうようになり、ついに虐待してしまう。
その虐待現場に居合わせた息子。

いやぁ、これはもう、しんどい。
実の子である息子の目線で、世の中に対していい恰好をしてしまいがちな母親と、
自分が養子であるとは知らない幼い妹の、緊張感のある日々を描くので、
母や妹がそれぞれいつ爆発するか、いやーなドキドキ感があります。

そして、少年の周囲にいる優しい人たちは、
基本的に、競技会での挫折が原因で退部したと考えているので、
家庭の問題にまでは手を伸ばすことができません。
不器用な少年も、家庭の話を相談することができず、背を向けてしまいます。

世の中のニュースで、時々、虐待事件のことが報じられ、
どうしても被害者になった子供への憐憫と、虐待をした親への非難ばかりが報じられますが、
同居している家族とか、周囲の人間のことは、あまり想像したことがありませんでした。

まぁ、ニュースになるぐらいのひどい虐待だと、親の側の異常性に目が行ってしまいますが、
そうではなく、世間一般にはびこっている虐待の現実というのは、
本作にあるような、虐待をしてしまった自分に悩む親、愛情を欲しがりながらも一方でおびえる子供、
そして、その暗い緊張感の中で同居を強いられる他の家族、そういう姿なのかなと思いました。

スポーツものとして期待して読み始めると、
本作はしんどい読書を強いられてしまうと思います。
こんな家族の重い悩みというのがあるのかと、それが特異なことではなく全国あちこちになることなのかと思うと
気持ちが非常に沈みます。

そういう現実を教えてくれたという点では、ためになる読書でした。
スポーツものの爽快感は、あまり得られないですが、
最後、どういう展開になるのかと思ったら、結構、安易な展開で、
そこに関しては、同じ悩みを抱える子供が読んだらどう思うのかなと、
他人事ながら心配になってしまいました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『晩夏のプレイボール』
- 2020/11/02(Mon) -
あさのあつこ 『晩夏のプレイボール』(角川文庫)、読了。

先日、著者のマラソンものを読み、それはそれで面白く読んだのですが、
野球ものも読みたいなぁ・・・・という気持ちが高まってしまい、
積読の山の中を探したら本作が出てきました。

「夏の甲子園」について、ストレートに描いたり、
はたまた間接的に取り上げたりしながらの短編10作。

「夏の甲子園」という、スポコンものの超王道の舞台を使いながら、
あくまで著者が描くのは、人間対人間の物語、
そして、野球にいかにひたむきに真摯に向き合うかという人間の姿を描いているので
どの作品も飽きを覚えることなく、常に新鮮な気持ちで読めます。

一生のうちで、どんなに頑張っても3度しか挑戦できない夏の甲子園。
そして、学年が入れ替わるので、その3度とも異なるチーム編成で臨むのが通常の姿であり、
言ってみれば毎年がそのチームメンバにとっては一生に一度の大会。
日本一になりたいというスポーツをやる人間にとって素直な気持ちもあれば、
甲子園で活躍してプロになりたいという長期的な計画をもって臨む子もおり、
様々な思いが複雑に絡み合っていて、なおかつそれがメディアで大々的に扱われるという点で、
他の高校生スポーツとは少し異質な存在なのかなと思います。

ひたむきな高校生の姿を多面的に感じられて、面白い作品でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『シティ・マラソンズ』
- 2020/10/13(Tue) -
三浦しをん、あさのあつこ、近藤史恵 『シティ・マラソンズ』(文春文庫)、読了。

スポーツもののヒット作品を持つ女性作家3人が描く、
ニューヨーク、東京、パリのシティマラソン。

三浦しをんはコメディタッチの作品で、かつて長距離選手だった主人公が
社長の密命でNYシティマラソンを走らされるという風変わりな設定のもの。
マラソン初挑戦かつ本人がマラソン挑戦に興味がないという立場で描くので
マラソン体験記みたいなノリになっています。

私自身、マラソンに興味がないので、大規模なイベント運営という観点で
いろいろ考え尽くされシステム化している様子の描写には「へぇ」と感心しましたが、
そういう社会科見学的な要素が小説の味付けを上回ってしまっているような印象で
あんまり作品には入っていけませんでした。

個人的に一番好きだったのは、あさのあつこさんが描いた東京マラソン。
高校の陸上部でエース部員だった主人公と、その控え選手だった親友との物語。
エースの怪我、退部、そして仲の良かった女子との三角関係も絡んできて、
非常に王道な部活ものなんですが、視点を30歳になった時に置いて、
主人公が勤めるスポーツ用品メーカーの職場の様子も絡めており、
その多層構造のおかげで面白く読めました。

王道な設定の部活ものを描き切る力量はやっぱり流石だなと思います。
その分、東京マラソン自体の描写は、あくまで舞台装置に過ぎない扱いなので、
しをん作品でワクワクした人には、ギャップを覚えるかもしれません。

最後は、パリに語学留学した若い女性が主人公。
バレリーナの道を断念し、何かから逃げるようにパリにやってきたため
何となく身の入らない日々を送っている中で出会った犬と一緒にジョギングをする女性。
その姿に刺激を受けた主人公自身もジョギングをするようになり、
いつしか少しずつ交流が深まっていきます。

ドイツにバレエ留学している妹がクリスマス休暇にパリに遊びに来て、
主人公自身、自分の人生や、バレエ教室を運営する母との関係などを改めて考えることになるのですが
まじめに向き合う娘だなぁと好感を持ちました。

ジョギングをする女性との交流は、終盤に大きな変化を迎えますが、
その変化の受け入れ方も含め、きれいな物語だったなと思います。

三者三様のマラソンの描き方、スポーツとの向き合い方が面白い一冊でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ガールズ・ブルー』
- 2019/04/24(Wed) -
あさのあつこ 『ガールズ・ブルー』(文春文庫)、再読。

「野球少年が主人公じゃないあさのあつこ作品だ」と思い、
ふむふむと読み終わって、さて感想を書こうかなとBlogを開いたら、
なんと3年前に読んでいたという(驚)。
そして、全くその記憶がないという(爆)。

前の感想を読んでみたら、結構満足していたようなのですが、
今回は、後半は面白かったのですが、前半は話が進まずダルかったなぁとか、
地方都市の低偏差値高校という割には、登場人物たちの会話がウィットに富んでて
面白く感じながらも、違和感を覚えてました。

まぁ、でも、話が動き始めた中盤以降は、青春感が溢れてて、素敵でした。
お互いのことを思いやるという友人関係が、
言葉は照れ隠しで皮肉っぽくても、結構素直に吐き出されているので、
良い関係だな~ぁと思いました。

私自身は、高校生活は、進学校で部活もやっていなかったので
結構灰色な感じというか、
中学校までがキラキラ楽しくて、大学もイキイキ楽しかったので、
なんだか霞んだ時代になっちゃってます。

それに比べると、理穂、美咲、睦月らの友人関係が作る日常生活って、
素敵だなぁってうらやましく思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『グラウンドの空』
- 2018/08/21(Tue) -
あさのあつこ 『グラウンドの空』(角川文庫)、読了。

少年野球モノと言えばあさのあつこさん。
甲子園が秋田パワーで盛り上がっていたので、手に取ってみました。

舞台は地方の中学校。
少子化の影響で、チーム編成自体がままならない野球部は、
ピッチャーが夜逃げのために不在となり、急遽新たなピッチャーを探すことに。
そこにやってきたのが、大地主の家の孫。
都会に住んでいたのに、孫一人が実家に戻ってくるというワケアリ感。
主人公のキャッチャーの少年が、親友のファーストの少年とともに
彼をリクルートに向かうという物語。

野球の試合のシーンは冒頭のみで、
しかも地方大会の決勝を勝ったというところから始まります。

野球の試合の緊迫感を求めて手に取ると、とんだ肩透かしを食らいます。
引きこもりに近いような姿勢を見せるピッチャー候補に
なんとか野球部に入ってもらうと掛け合う少年2人。
この野球へのピュアな思いをもつ少年と、熱い思いを持つ2人の、3人の物語です。

そこに、倒産とか夜逃げとか、駆け落ちとか、地主と雇われ百姓の身分さとか。
結構、大人の世界のグロい部分がもろに中学生の身にも降りかかっていて、
野球の青春感との対比がきついです。
個人的には、物語の長さに対して、ちょっと要素を詰め込み過ぎで
バランスが悪いかな?と感じてしまいました。

地主のばあさんと孫の人間関係がどうなっているのか
最後までつかみきれなかった感じもあり、ちょっとモヤモヤしつつも、
少年たちは純粋でした。


グラウンドの空 (角川文庫)グラウンドの空 (角川文庫)
あさの あつこ 佐々木 こづえ

KADOKAWA/角川書店 2013-06-21
売り上げランキング : 170042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ガールズ・ブルー』
- 2016/02/18(Thu) -
あさのあつこ 『ガールズ・ブルー』(文春文庫)、読了。

あさのあつこと言えば野球小説というイメージだったので、
女子高校生たちが主人公の小説と聞いてピンとこなかったのですが、
読んでみたら、しっかり青春小説でした。

オチコボレ高校の女子高生たちが登場しますが、
つい良い子ぶってしまう子、病弱で入退院を繰り返すけど言葉は毒を吐く子、
本当におバカだけどテキ屋の商売が板についている子、
いろんなタイプの子が登場し、それぞれの視点で社会を見ているので
子供っぽい会話の中にも、鋭い指摘が含まれたりしていて面白いです。

そして、やっぱり登場してくる甲子園出場を目指す野球少年。
この純朴な感じがまた、かわいらしいんですよね。

オチコボレ高校と言いながら、
しっかり自分の人生を歩んでいる彼女たちが羨ましくも感じられる小説です。


ガールズ・ブルー (文春文庫)ガールズ・ブルー (文春文庫)
あさの あつこ

文藝春秋 2006-11
売り上げランキング : 97765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ラスト・イニング』
- 2014/11/15(Sat) -
あさのあつこ 『ラスト・イニング』(角川文庫)、読了。

『バッテリー』シリーズのその後を、
ライバル校の先輩・瑞垣の目で描いた作品。

シリーズの最終巻を読んだのは、もう4年半も前のことになってしまいました。
続編についていけるか不安に思いましたが、
読み始めると段々と思い出すことができ、その世界観が蘇ってきました。

ただ、シリーズで描かれた場面を振り返る展開が多いため、
この作品を単独の小説としてみたときには、
短編としてはちょっと物足りないと思ったものもありました。

瑞垣のキャラクターは、目端が利いて、頭の回転が早く、照れ屋で、
非常に面白い人物に仕上がっています。
しかし、ちょっと思索の言葉が中学3年生~高校1年生のものではないような・・・・。
深みを持たせすぎて、この年代ならではの繊細さが消えてしまっているような印象です。
ちょっと、そこは残念でした。
キャラクターに背伸びさせすぎたということでしょうか。

それにしても、この作品に登場してくる野球少年たちの何と純粋なことでしょうか。
野球への情熱、チームメイトへの思い、対戦相手への敬意、
こんな少年時代を送れることをうらやましく思います。


ラスト・イニング (角川文庫)ラスト・イニング (角川文庫)
あさの あつこ

角川グループパブリッシング 2009-01-24
売り上げランキング : 86037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『バッテリーⅥ』
- 2010/02/12(Fri) -
あさのあつこ 『バッテリーⅥ』(角川文庫)、読了。

いよいよ最終巻、決戦の時です。

巧と豪の間に空いた隙間は、埋めることができたのかどうか、
ちょっと読みとりにくいところもありましたが、
海音寺や吉貞が上手く埋めてくれたということでしょうか。

吉貞は、野球の動きを見る目が優れていますが、
それ以上に、空気を動かす力に長けています。
こういう人材が活躍できる組織は強いんだろうなと思ってしまいます。

そして海音寺の抱える思い。
巧と豪に向けて少し過剰になってしまっているところもあったようですが、
瑞垣とのコミュニケーションでコントロールしていこうとする
自制力もなかなかのもの。

それぞれが、それぞれのポジションで、それぞれの思いを持って挑んだ試合。

是非とも、その試合を最後まで描いてほしかった・・・というのが
野球ファンとしての慾でした。
せめて、門脇の第一打席だけでも、最後まで・・・。

第一球の結果を伝えることで、
あとは読者の想像に任せるということにしたようですが、
私は最初、「描くのから逃げたな・・・」と思ってしまいました。

彼らの成長ぶりは、試合開始までに十分描いて見せたので、
そこがメインのお話だったという解釈もできるでしょうけれど、
反面、いろんな立場の人物の思いを深く描きすぎたことで、
収拾がつかなくなってしまったんじゃないかなと
裏を読みたくなってしまいます。

てなわけで、若干のモヤモヤ感が残ってしまっていますが、
そこから先は夢の中で見ましょうということで・・・。


バッテリー〈6〉 (角川文庫)
バッテリー〈6〉 (角川文庫)
おすすめ平均
stars豪がどこかへ行ってしまった
stars試合結果は二の次で、巧と豪の成長していく姿を描きたかったのだろう
starsあさのさんの思い入れと偶像が物語として像を結ぶ。
stars子どもたちの成長に驚きです。
starsあさの先生お疲れ様です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『バッテリーⅤ』
- 2010/02/06(Sat) -
あさのあつこ 『バッテリーⅤ』(角川文庫)、読了。

Ⅳ巻は敗戦をひきずった重い内容でしたが、
Ⅴ巻では再試合に向けて前向きなところが出てきたので、
読んでいてしんどいと思うところは少なくなりました。

が、バッテリーの関係が完全修復されたわけでもなく、
どこかチグハグな感じが残っています。

これは、巧が、キャッチャーではなく、豪という人間のことを考え始めたから。
ものすごい内面の変化だと思います。

そして、その豪はというと、
自分の軸をブラさないだけの強さを備えて、
本当に信頼できる男に育っているなと、頼もしいです。

特に、巧に説教するシーン。
ものすごく納得。

吉貞、東谷、沢口といった仲間や、
海音寺という包容力のある先輩、横手二中の面々に囲まれ、
2人の変化していくさまが良く描かれています。

端垣のキャラクターが、少し暴走させすぎかなと思う面もありましたが、
おかげで次の試合の楽しみが膨らみました。


バッテリー〈5〉 (角川文庫)
バッテリー〈5〉 (角川文庫)
おすすめ平均
stars読ませる力はあるが
stars児童文学ならそれらしくあってほしい
stars巻末の横手2中のバッテリーの物語がいい
stars個人的にすごく好き
stars瑞垣の本音

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『バッテリーⅣ』
- 2010/01/11(Mon) -
あさのあつこ 『バッテリーⅣ』(角川文庫)、読了。

この巻は重かったです。

Ⅲ巻の終わり方として、さぁ試合だ!という状況だったので、
ワクワクしながらⅣ巻を開いたのですが、淡々とした導入部分で??

「あぁ、試合から少し経った時点を描いてるんだ」とわかったものの、
で、試合の結果は?

回想として試合のシーンが出てくるのですが、
天才肌の投手の女房役に限界がきて、それが原因で天才が大崩れ。
バッテリーの存続問題にぶつかってしまいます。
まさに試練。

この試練となった試合を、回想シーンで、なおかつ対戦相手の目から描くという
間接的な手法をとったことで、バッテリーが感じた衝撃の大きさを
上手く描写していると思います。この描き方には感心。

そして、今回は、相手への理解共感力、理解共感志向、理解共感後の行動というような
観点から、人と人が関係するとはどういうことかを教えてくれます。

ひたすら真摯に相手に向き合う豪や門倉には見えないことを、
少し距離を置いておちゃらける余裕のある吉貞や瑞垣には見えていて、
しかも、状況を上手くコントロールしていく力がある。

おちゃらける力とは、ただふざけているだけではなく、
心に余裕を持ち、またその余裕を相手に与えられるということなんだとわかりました。
緊張感の中のユーモア、う~ん、どこぞの芸人さんのようだわ(笑)。

一方で、大人が手を差し伸べてあげられる限界というものも見せられたような。
監督は豪の置かれた立場を理解しながらも、それに対して「やめる」という
選択肢しか与えてあげられない。

たとえ子どもであっても、自分の心は自分で整理して、
自分で決断しなくてはいけないんだということが良くわかりました。
周りがしてやれるのは、選択肢を増やしてあげることだけ。

いろいろ、読み応えのある巻でした。


バッテリー〈4〉 (角川文庫)
バッテリー〈4〉 (角川文庫)
おすすめ平均
stars限界を見つめる
stars終わりの始まり
stars才能を持つ者と持たない者
stars何処となく中だるみ
stars打ち止め

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ
この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ