fc2ブログ
『バッテリーⅢ』
- 2009/12/17(Thu) -
あさのあつこ 『バッテリーⅢ』(角川文庫)、読了。

内部騒動のせいで、活動停止処分を食らった野球部。
野球そのものとは関係のない障害をどう乗り越えるのか・・・・。

体制側の活動停止を命令した人間として校長先生が登場しますが、
決して官僚的な措置をする人ではなく、
学校という組織の運営や、健全なクラブ活動というものを
バランスよく捉えた上での判断をしていると感じました。

この手の本では、超保守的なガチガチ人間か、
物分かりがよすぎるすり寄り型人間が登場しやすいと思うのですが、
なかなか興味深いキャラクター配置になっていたと思います。

戸村先生や小野先生が、良き理解者に過ぎるので、
サポートがありすぎて物語が物足りなく感じる部分はあるのですが。

また、登場人物たちの逡巡の様子や、
決心を固めたポイントなどが丁寧に描かれていて、面白かったです。

いよいよ次は真剣勝負のシーンですね。
楽しみです。


バッテリー 3 (角川文庫)
バッテリー 3 (角川文庫)
おすすめ平均
starsこの巻で挫折
starsややストリーに不自然さを感じますが、面白いですよ
starsちょっと残念
stars一気読み
stars青波の言葉がとても美しい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『バッテリーⅡ』
- 2009/10/02(Fri) -
あさのあつこ 『バッテリーⅡ』(角川文庫)、読了。

早速2巻目を読んだのですが、
中学校に入学した巧たちは、いきなり「ルール」「決まり」の壁にぶつかります。
こういう、野球以外のシーンでも、
「教育って何なんだろう」「校則って何なんだろう」「協調性って何なんだろう」
という問いかけが刺さってきます。

一方、野球部の方はというと、
これまた、野球好きばかりで構成された野球部ではないところがミソ。
内申書のために野球部で真面目に頑張るという
ある意味、非常に目的意識を明確に持った子供たち。

こんな部活動のお話、今まで読んだことがありません。
でも、これが現実なのかも。

地方都市の学校って、学校数が少なくて選択肢が無いから、
都市部に比べて一つの学校に在籍する生徒の幅が広くて多様性があり、
だから雑多なものをまとめるのに、校則やルールが無闇に厳しくなって、
そうすると激しく反発する者も出れば、ルールに迎合する者も出る・・・・。

なんだか、地方の学校のほうが、歪みが多いような気がします。
少年犯罪も地方都市で起こっているようなイメージが・・・・・。

野球部内での陰湿な嫌がらせ行為は、
思いのほか早く、教師に見つかるという状況に至ったのですが、
これで問題解決なのか、次への伏線なのか、
第3巻が気になるところです。


バッテリー〈2〉 (角川文庫)
バッテリー〈2〉 (角川文庫)
おすすめ平均
stars巻末のあとがきに作者の思い入れがあふれて
starsまったくすごい小説だ
stars人間関係
stars尾崎豊が読んだら
stars危ない巧にハラハラドキドキ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『バッテリー』
- 2009/09/13(Sun) -
あさのあつこ 『バッテリー』(角川文庫)、読了。

ついに、このシリーズに手を出しました。

児童文学というと灰谷作品を真っ先に思い浮かべるので、
「純粋無垢な子供たち」と「それを取り囲む温かい大人たち」という
先入観を持って読んでしまったのですが、
よい意味で裏切られました。

なんとも食えない主人公なのです。
自分の投球に完璧な自信を持ち、その反動で、他人への興味関心は無し。

この強烈なキャラクターが
バッテリーを組む豪や、弟の青波、祖父の洋三などとの関わりの中で
自分を見つめなおして成長していくストーリーなんだろうな・・・・と想像。
(本作では出合ったところまでしか描かれていないので)

これは、続きが楽しみですね。

ちょっと難をつけるのであれば、
この田舎町に引っ越してくるまでは、
主人公・巧は、ほんとうに完全無欠の自信家だったようなのですが、
この町に来てから、他人の言動がちょっとずつ気になるようになってきたみたいです。

その変化の直接の切っ掛けがあまり具体的に描かれていないというか、
さらっとしていたので、なぜ変化があったのかがイマイチ掴みきれませんでした。

まぁ、環境が変わって、人間関係が変わって、
その中で見えてきたもの、感じたものがあったのでしょうけれど。

そういう部分の描き方は、
作品が進むごとに上手く馴染んでいくようになっていくでしょうから、
今後に期待ですね。


バッテリー (角川文庫)
バッテリー (角川文庫)
おすすめ平均
stars強烈なキャラが大きな魅力
stars不満が残る作品ではあるが、荒廃した世相に対する一服の清涼剤となったのであろう
stars無理
stars野球好きにはオススメできない
stars図書館のすぐれちゃんも推薦

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

太陽の子 (角川文庫)
太陽の子 (角川文庫)
おすすめ平均
stars著者の経歴を知っていますかね
stars語りたくないけれど大事な過去
stars読みやすいです。元気なふうちゃんが良い!
stars大人こそ読んでほしい
stars戦争を知らない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  あさのあつこ | CM(2) | TB(2) | ▲ top
前ページ | メイン |