FC2ブログ
『Q&A』
- 2021/01/17(Sun) -
恩田陸 『Q&A』(幻冬舎文庫)、読了。

昨日、ネットで注文していたマッサージチェアが届きました。
試運転のお供に本作を手に取ったのですが、
思いのほかマッサージが気持ちよく、立ち上がれません。
連続運転させている間に、一気読みです(苦笑)。
(マッサージチェアの連続使用って、体に悪いからダメですよね・・・・)

タイトル通りQ&A形式で、とある組織の人達が、大惨事となった事件の関係者に質問を行いう様子を
淡々と会話文のみで描写していきます。

この作品構造の時点で、「『藪の中』スタイルかも?」と、真相がわからないエンディングになる
可能性についてはある程度覚悟していました。
むしろ、論理破綻を起こさずに、様々な可能性を提示することができるのかというところに
興味がありました。

問題の大惨事とは、郊外のショッピングモールで、中にいた買い物客数千人がパニックになり
外に逃げようとする人々が押し合った結果、圧死や転落死など数十人が亡くなり、
100名以上が怪我をするという事態に。
しかし、パニックの原因になった最初のきっかけが何なのか、事故から数カ月たっても
未だに解明されないという不思議な状況です。

前半、Q&Aは、とある組織が関係者に質問するという体裁になっており、
事件の真相以外にも「この組織は何なんだろう?」というサブの謎もあって、
ワクワクしながら読む手を止められませんでした。

しかし、中盤から、この組織が登場しなくなり、「あれれ?何だったの?」と肩透かし。
後半は、ただの2人の会話として進んでいくので、ちょっと中だるみしましたが、
終盤になって、遺族中心に結成された宗教団体の話がメインになてくるにつれて、
「あ、前半の組織は公安的な組織で、成長しすぎた宗教団体の監視的調査をしてるのかも」と
思うようになりました。ま、あくまで私の想像ですけど。

組織の方の真相は、明確な答えがないにしても、私なりの想像ができたので
そこは満足できたのですが、事件の真相の方は、ちょっと不満でした。
ナイフの老夫婦、液体を撒いた男、血の付いたぬいぐるみを持った少女、
この3つの原因かも!?と登場してきた話の扱いが、どうにもアンバランスで、
他の2つが放置されたまま少女の話に収斂していくのが、私の好みではありませんでした。

そして、最後の章で、まさにその少女のQ&Aになりますが、
正直、私には、この章は不要だったと感じられました。
一気につまらない作品になってしまったなと。
大惨事の謎について空想を広げていた話が、一気に人間臭い話に矮小化されてしまった印象です。

前半と終盤が面白かっただけに、この結末は残念でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『不連続の世界』
- 2020/11/22(Sun) -
恩田陸 『不連続の世界』(幻冬舎文庫)、読了。

恩田作品にしては普通の厚みの本だったので
手軽に読めそうかなと買ってみたのですが、『月の裏側』という作品の続編だそうで
主人公の塚崎多聞という人物を軸に、不思議な話が展開していきます。

この塚崎多聞という人物の紹介が、音楽プロデューサーとしか分からないので、
第一話はそもそも内容が理解できませんでした。
「こもりおとこ」と聞いて、「木守」って出てきます??
私は「子守おとこ」しか浮かばないと思います。
強いて言うなら「小森さん」。
私の語彙力の問題かもしれませんが。

「なんで『木守』???」とモヤモヤしているうえに、
田代という男の掴みどころのなさのせいで、全然物語が頭に入ってきませんでした(苦笑)。

うわー、こんな調子で最後まで行ったら、途中で脱落しちゃうな・・・・と懸念したのですが、
2話目の「悪魔を憐れむ歌」は、ホラーチックなのですが、あくまで現実世界に立脚している印象で
しっかり読めました。そして楽しめました。

その歌を聞いたら死んでしまう・・・・・
その歌はラジオで2度流された・・・・・
その歌がなぜラジオで流れたのかは詳細不明・・・・・

いやいや、ラジオで流れたのに死んだ人ほとんどいないじゃん!って思っちゃいましたが
まぁでも、蔵での対話における沈黙の行間は怖かったです。

その後、多聞が、全国津々浦々に行きながら、当地のホラーテイストの謎の真相に挑む・・・・
そういう風に要約してしまうと、明快な謎ときのように思えてしまいますが、
謎解きそのものよりも謎が醸し出す空気感を楽しむ作品かと思います。
そのアンニュイな感じが、私はあんまり好みじゃないです(苦笑)。
この作品がどうこうというよりも、そういうジャンルの作品が好みじゃないということです。

『月の裏側』を先に読んでいたら、もっと楽しめたのかなぁ・・・・。
恩田作品は、ときどきこうやって置いてきぼり感を覚えてしまうときがあります。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『木曜組曲』
- 2020/10/28(Wed) -
恩田陸 『木曜組曲』(徳間文庫)、読了。

耽美小説の巨匠が亡くなって4年。
毎年、その命日にあたる週の木曜日に、巨匠の邸宅に集まる女たち。
フリーライター、推理小説家、純文学作家、編集者、出版経営者、
5人のうち4人は巨匠の肉親。1人は担当編集者。
亡くなった日に居合わせたのもこの5人。
追悼のために毎年集まるものの、今年はおかしなメッセージが届いたことで
l巨匠の死の真相究明が始まる・・・・・。

洋館に女5人が集まって推理と詮索を繰り広げるという設定なので、
舞台を見ているような感覚でした。

それぞれに腹に抱えた思惑があり、コソコソと動いたりするために
お互いが視線を飛ばし合うような緊張感があります。

一方で、ほぼ肉親の集まりということもあってか、
誰かの一言でふと緊張感が緩んでいつもの和やかな空気が戻ってくるときもあり、
その緊張と緩和が不思議な小説でした。
普通の推理ものだと、ずーっと犯人捜しの緊張感があるので、
このふと気が抜ける瞬間が違和感なく描かれているのが何だか新鮮でした。

正直、5人が5人とも、企みを抱えて変な行動をとるので、
リアリティという点では違和感ありありなのですが、
まぁ、耽美派+洋館+会話劇という組み合わせが私にはもうファンタジーなので、
リアリティのなさは、そこまで気になりませんでした。

コトの真相に辿り着きますが、分かってしまえば、そんなことか・・・・・という感じで、
まあ、でも、5人の物語における各立ち位置を思うと、
そういう落とし方が一番収まりが良いのかなという気もしました。

最後、それぞれがこの物語を作品化するというところで話が終わったので、
続編を意識してるのかな?




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『常野物語 光の帝国』
- 2020/04/10(Fri) -
恩田陸 『常野物語 光の帝国』(集英社文庫)、読了。

巻末の解説は、小説のタイトルの話から始まりました。
「小説のタイトルは、はやり歌における十五秒CMで流すサビの部分のようなもの」、その通り。
納得して読み進んだら、解説者は「光の帝国」というタイトルから、
本作を壮大な宇宙戦争モノのように思い込んでいたとのこと。
私は、「常野物語」というタイトルから、「遠野物語」を連想し、ちょっと怖い民話を想像してました。
宇宙戦争なんて全くの想定外。

表紙のタイトルの配置からすると、「光の帝国」の方が大きく描かれているので、
当然、そちらが主題なのだと思いますが、やっぱり人間の興味関心によって、
小さい文字の方が印象に大きく寄与することってあるんですねぇ・・・・。

というわけで、解説の感想から書き始めてしまいましたが、
本作は、東北地方?のどこかに存在していた特殊能力を持つ一族の話を連作短編にしたもの。

前半は、とても面白く読みました。
最初の話に登場する、読んだものを何でも記憶することができる能力を持つ一家。
この一家を軸に話が進むのかと思ったら、次に登場するのは同じ一族だが
将来起こることが映像で見えてしまうという別の能力を持つ娘の話。

次々と特殊能力を持つ一族が登場し、
そんな特殊能力のことなど知らない一般人との日常生活内での交わりを描いていき
興味深かったです。

ただ、中盤にある表題作「光の帝国」で、一族が背負った歴史が語られます。
この話が、本作の背骨になるものなのですが、どうも私は面白いと思えませんでした。
この背骨の後の話は、前半の話たちが、いかに繋がったものなのかを見せていく話になりますが、
多分、その構成があまり好きではなかったのだと思います。

何となく思うのは、私は、この常野の一族に、「離散」「バラバラ」「離れていく」という方向性を
期待していたんだと思います。一族で集まっていた時代を経て、一般人の住む社会の中に
それぞれで紛れ込んでいく方向性を読みたかったのかなと。
それが前半でした。

ばらばらになりながらも、何とか自分の生活と立ち位置を作り上げた常野一族に対して、
後半で、これでもかというぐらい繋がりを強調されてしまうと、
なんと可哀そうな一族なんだろうという哀れみが湧き出てしまって、
こんな物語にしなくても・・・・と共感よりも拒否感が生まれてしまいました。

私は、常野の地を離れても、それぞれが自分の住むべき新たな場所になれる努力をしている
その努力を肯定する作品が読みたかったのだろうなと思います。

結果、後半がちょっと読み飛ばしになってしまいました。




にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ブラザー・サン シスター・ムーン』
- 2019/01/29(Tue) -
恩田陸 『ブラザー・サン シスター・ムーン』(河出文庫)、読了。

タイトルは映画から取ったものだそうで。
私的には、もろチャゲアス!って感じです(笑)。
両方とも名盤ですね~。

本作は、高校の同級生で同じ大学(W大学)に進学した
3人の男女の大学時代を、成人したそれぞれの視点から振り返ったもの。

特に何という出来事が起こるわけではないのですが、
とにかく、大学時代の大学生らしい日々というものが
非常に丁寧に描かれていると思い、自分の大学時代と重ねて読んでいました。

私の中では、高校生までの同級生と、大学の同級生は全く違った存在です。
大学生の同じサークルの友人たちは、まさに「一緒に生きてた!」って感じの
深いつながりを覚えます。
大学に泊まり込んでサークル活動をしていたので、本当に深い深い関係だと思ってます。
久々に会っても、すぐ昔のように会話ができる間柄で、とても安心します。

そんな関係が構築できた大学時代の4年間というのは、一生の宝物です。
父親から「大学で得た友人関係は一生ものだから大学選びは真剣にやりなさい」と言われましたが
本当にその通りだと思います。

本作では特に、恩田陸さん自身の大学生時代の思い出がふんだんに盛り込まれているようで、
日記を読むようなドキドキ感がありました。

そして、恩田さん自身も、自分の大学時代について
私と同じような感覚で捉えているんだなと分かり、
すごく嬉しい気持ちで読んでいました。

客観的な目で見ると、大したことが起きていない4年間だけど、
当人にしてみたら、人生を形成する大きなものを手に入れる4年間。
そんな事実をしっかりと認識できた読書となりました。






にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『「恐怖の報酬」日記』
- 2018/10/07(Sun) -
恩田陸 『「恐怖の報酬」日記』(講談社文庫)、読了。

恩田さんのエッセイはお初です。
小説家のエッセイ作品に手を出す時は結構慎重に検討するのですが、
本作は「飛行機嫌い!」「ビール大好き!」っていうテーマだったみたいなので即買い(笑)。
だって、私もそうだから。

エッセイは、なぜか新国立劇場のビュッフェからスタートします。
この時点で、すでに現実逃避気味(笑)。
数日後に迫った飛行機搭乗(人生2回目!海外は初!!)があまりの恐怖で、
どれだけ自分の日常に支障を来しているかということから始まります。

私も、恩田さんほどではないですが、飛行機は嫌いです。
理由も同じで、鉄が空に浮いてる、閉じ込められてる、トラブル時に自力ではどうにもならない、
というところに集約されていきます。
船旅も、太平洋の真ん中でトラブルになったら全員死ぬんでしょうけど、
「もしかすると無人島にたどりついて生き延びられるかも・・・」みたいな夢を見られるので
まだ落ち着いていられます。
統計的には最も安全な乗り物なのかもしれませんが、
何かトラブルが起きたら死の恐怖に直面して逃げられないというシチュエーションが苦手です。

搭乗日が近づくと憂鬱になり、機内で読む本を準備するときに「読む気になるのか?」と不安になり、
空港のカウンターに行くと「職員の対応が機械的だ」と思ってしまう
この心情、とても共感できます。

でも、恩田さんは、「怖い怖い飛行機に乗るんだぴょん」って、
躁的に怖がっているのが凄いなと。
だから、読んでて面白いんですけど。ぴょんって(笑)。

そして、やっとの思いで初海外に行ったら、
もちろん取材として観光地などに寄っていますが、
とにかくビールの話が多い!
ビール好きがイギリスに行ったら、そうなりますわなぁ。
さらにアイルランドにも行っちゃったら、そうなりますわなぁ。

あぁ、海外で現地のビール飲みたい!
仕事で何か所か海外に行きましたが、
それぞれの旅の一番の思い出は、MLB球場のスタンドで飲んだビールとか、
なぜかオーストラリアで韓国焼肉を食べながら飲んだビールとか、
メキシコ料理屋で出会ったテカテを、帰国後の打ち上げでもまた飲んだとか、
一緒に出張した人たちと飲んだ思い出ばかり(苦笑)。
でも、ビールって、みんなでワイワイ飲むと美味しいんですよね~。

恩田さん、小説作品では、鬱々とした雰囲気を感じることが多いのですが、
エッセイでは開けっぴろげで、面白い人ですね!
エッセイ作品も気を付けていきたいと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『猫と針』
- 2016/09/17(Sat) -
恩田陸 『猫と針』(新潮文庫)、読了。

恩田作品にしては薄い本だなぁ・・・・
と思って買って来たら、戯曲でした。

5人の登場人物による密室劇+独白。

90分の芝居だったということで、
同じぐらいの時間で読み終えることができました。

不安を煽るような伏線があれこれ張られているのですが、
いまいち大きな展開がないまま、
シンプルな形で回収されていく感じで、ちょっと消化不良。

第一場の舞台設定と展開に、
「こりゃ、ドロドロとした大変なことが起こりそうだ!」と非常に期待したのですが、
不発のまま終わってしまいました。

劇そのものを楽しむというよりは、
戯曲の前後に挿入された著者による戯曲制作日記を楽しむような作りになっており、
小説家としては、ちょっと逃げているような印象も受けました。

芝居作りの舞台裏を知りたいという方には、
非常に面白い作品なのではないでしょうか。


猫と針 (新潮文庫)猫と針 (新潮文庫)
恩田 陸

新潮社 2011-01-28
売り上げランキング : 549317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ユージニア』
- 2016/05/19(Thu) -
恩田陸 『ユージニア』(角川文庫)、読了。

恩田作品の禍々しさが存分に味わえる一冊です。

とある地方都市の裕福な医者一家を襲った毒入りジュース事件。
一家の大半と、遊びに来ていた近所の人たち十数人が死亡するという凄惨な事件に。
犯人を追う手掛かりは少なく数年が過ぎたとき、1人の自殺した青年が
実行犯だと分かったものの、詳細は不明のまま。
さらに数年が過ぎたとき、事件当時に生き残った女の子が、
事件の真相を追うべく関係者に聞き取り調査を始める・・・・・。

こういう要約をしてしまうと、王道の推理モノのように見えてしまいますが、
聞き取り調査をする目的が、単純な「犯人を知りたい」という動機ではなく、
特定の者に読ませるためだけに、多大な労力を割くという行為。
そして、インタビューの相手によって、まったく人格が変わってしまったかのような
聞き取り手腕を見せるという人物像に、なんだか「憑き物」のような怖さを覚えます。

そして、狙われた医者一家で無傷のまま生き残った少女は、
目が見えないというハンデを負いながら、それを感じさせない立ち振る舞いを身に付けており、
しかも、ハンデを補うべく他の器官が発達したのか、鋭い洞察力を発揮します。
まるで全て見えているかのように、お見通しであるかのように。

私は、ハンデを背負いながらもしっかりと生きている人に畏怖を感じてしまいます。
並々ならぬ努力をしているということへの尊敬の念がある一方で、
ハンデを補うべく他の能力が抜きんでているということへの恐れに近い驚きです。
ややもすると差別的な発言かもしれませんが、感覚的に畏怖を覚えてしまいます。

この2人の人物が醸し出す怖さに呼応するかのように、
周辺の登場人物たちも、斜に構えた見方をするというか、
どこか捻くれているというか、なんだか不気味です。

ことの真相は、はっきりとは書かれていないのですが、
この不気味さの前には、あまり真相そのものは気にならなくなってしまいました。
人間って、なんて不気味なんだろうかと思えただけで、
読書としては満足してしまった感じです。


ユージニア (角川文庫)ユージニア (角川文庫)
恩田 陸

角川グループパブリッシング 2008-08-25
売り上げランキング : 331715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『木洩れ日に泳ぐ魚』
- 2014/09/26(Fri) -
恩田陸 『木洩れ日に泳ぐ魚』(文春文庫)、読了。

久々の恩田作品。

同棲を解消する最後の夜、
1年前の旅行先でのガイドの転落事故の真相を知ろうと、
男と女は、お互いを相手に言葉をつむぐ・・・・・相手が殺人犯なのだろうと思いながら。

2人の会話を軸に、過去の場面に飛びつ戻りつ、
ガイドの転落事故の前後に起きた出来事を記憶の奥から掘り返していきます。

心理戦も伴う会話の駆け引きと、
新たな記憶が蘇ることで1つ1つ固められていく当時の様子。
だんだんと形になっていくプロセスを読んでいくのは面白かったです。

ところどころ、「その展開推理は強引だろう!」と思うところがあり、
会話の相手もすんなり受け入れていくことが多かったので、
思考に思考を重ねて真相を突き止めた!というスッキリ感はイマイチでしたが、
会話劇として楽しめました。

この2人の関係性も異様なところがあり、
会話劇というか、心理描写の濃い味付けになっていたと思います。


木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)
恩田 陸

文藝春秋 2010-11-10
売り上げランキング : 170422

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ネバーランド』
- 2013/10/23(Wed) -
恩田陸 『ネバーランド』(集英社文庫)、読了。

恩田作品は、やっぱり青春モノですね!
しかも、「田舎の進学校」という設定が好きです。
『球形の季節』『六番目の小夜子』などがこの系列。
本作は男子校が舞台ということで、これまた違った視点での学園生活が垣間見れました。

冬休みに学園寮に残った3人の生徒と、
近隣に住む友人1人の4人が過ごす冬の7日間を描いています。

1日目~2日目にかけて、ちょっとしたミステリアスな出来事が起こりますが、
その謎解きが本題なのではなく、それを切っ掛けに展開される4人それぞれの告白、
そして、告白を受けて4人が感じる思い、行動に重ねた気持ち、それらを描きます。

なんともキラキラした青春なんですよね~。
確かに、キレイ過ぎるのかもしれませんが、青春にはキレイなものを求めたいですよね。
せめて本の中では・・・。

そして、ここまでピュアでキレイな世界ではなかったですが、
それでも自分の学生生活を、多少美化しながら振り返るのも、
30代も半ばになったら許されるお遊びでしょう(笑)。
私が同級生たちと「キラキラしてた」のは、中学校の頃でした。
幼稚園からずーっと持ち上がりの長い友達と、
新しく中学校から入ってくる受験組の秀才たちとの刺激的な関係。
実際に楽しかったし、今もFBなどで繋がっていられるのは、深い思い出のおかげかな。

さて本作では、4人とも、相当に重たい過去や家庭環境を背負ってますが、
何を重いと感じるか、何を負担に感じるかは、その人の感覚次第ですからねぇ。
そういう意味では、みな、重いものを背負っているのでしょうね。
他人がどう評価しようとも、本人にとっては譲れない出来事というものがあるもので。

読みながら、また読後にも、いろいろと思いを巡らすことができる
よい読書でした。


ネバーランド (集英社文庫)ネバーランド (集英社文庫)
恩田 陸

集英社 2003-05-20
売り上げランキング : 168782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  恩田陸 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ