『プロフェッショナル広報戦略』
- 2017/10/17(Tue) -
世耕弘成 『プロフェッショナル広報戦略』(ゴマブックス)、読了。

小泉政権で広報戦略を担当し、有名になった著者。
その広報戦略について書いた本。

「広報戦略」と銘打っていますが、
広報戦略を解説した本ではなく、
広報戦略に則って郵政選挙を戦った経過を
成功談を中心にまとめたものです。

自民党寄りの人が読むと面白い政治ルポのようですし、
自民党嫌いの人が読むと自慢し放題の本と思うのでしょうね。

私は、結構面白く読みました。
世耕さんの作戦が上手かったのかとか、世の中がどう反応したかということよりも、
これまで広報戦略をおざなりにしてきた自民党という組織が
郵政選挙を前に、世耕という人材を使って、自らの改革をしようとした
その腹をくくったときに発揮される組織力のようなものが感じられて、
さすが長年政権を担ってきた党だなと感心しました。

小泉首相、武部幹事長といった主要ポストの人々が、
世耕という若造の提言を聞き、その場で取り入れるか否かを判断し、
取り入れるとなったら即座に指示をし体制をつくる、
そのスピード感が、さすがだなと思いました。

著者がNTT職員から国会議員に転身する際も、
森幹事長や尾身総務局長が、著者の出した条件を満たすように動き、
そして最後は、著者の心を動かす言葉で熱く働きかける。

著者の広報術で、きれいに演出されている部分もあるでしょうけれど(笑)、
でも、やっぱり、大きな組織を動かしていく幹部人材の動き方として
非常に教育されていて洗練された人材がそろっているなと感じました。

崩壊中の旧・民進党や、何だか良く分からない希望の党の迷走ぶりを目の当たりにしている
今現在の政局と比較してしまうので、一層、その思いを強くしているのかもしれません。

広報戦略の内容よりも、自民党の人材力や組織力が
強く印象に残った一冊でした。


プロフェッショナル広報戦略プロフェッショナル広報戦略
世耕 弘成

ゴマブックス 2005-12-20
売り上げランキング : 254091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『菜の花の夢』
- 2017/10/16(Mon) -
辻保彦 『菜の花の夢』(中経マイウェイ新書)、読了。

どこで入手したのか忘れてしまいましたが、
三重県の実業家の半生記。
中部経済新聞に連載されたものということで、
「私の履歴書」のようなコーナーのようです。

父が作ったコーン油搾油会社を継ぎ、
どんどんと大きくしていく過程は、
そのアイデア実行力が素晴らしいなと思って読んでいましたが、
中盤から、他の分野の企業との合弁事業や業務提携の話が出てきて、
「あれ、この人、もしかすると見たことあるかも・・・・・」。

昨年、三重大学で開催された某学会で
その独創的な事業展開を表彰されていたのが、著者だったと思います。
相応のお年を召した方でしたが、若い事業者と連携して
新たな事業を生み出していこうというエネルギー満ちていました。

その具体的な実績が、本作で良く分かりました。
とにかく行動、チャレンジの人で、若い人のお手本となる人物だと思います。


残念ながら、Amazonでは著作データが出てきませんでした。

にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人生を救え!』
- 2017/10/15(Sun) -
町田康、いしいしんじ 『人生を救え!』(角川文庫)、読了。

前半が町田康氏による読者の人生相談、後半が対談となっています。

パンクな町田康氏の読者の悩み事とは、やっぱりパンクなんだろうなと
期待して読み始めたのに、最初の相談事が
「セレブ一家の彼との身分違いが気になります」。

なにこの生臭くて青臭い相談は!(怒)
どうも、読者による人生相談は、
相談内容が面白くないことが多くて困ります。

単なるまじめな相談なら、新聞紙面で行わずに、周囲の人に相談しなさいよ
と言いたくなります。
紙面で行う以上は、相談ごとであっても著者の作風を考えて
エンタメ性を意識してほしいものです。

西原女史の読者さんなんかは、
自分は西原女史の作品の登場人物であるときちんと認識して
エンタメ性をもった質問を投げてくるので、読み甲斐があります。
そのレベルに至るまでには、時間がかかったようにも思いますが)

唯一面白かった相談事項は、
「うちのテレビが壊れました。3か月待っても誰もテレビをくれません」というもの。
これぐらいパンチのある相談をしてほしいものです。

で、後半の対談になるわけですが、
浅草、大手町、お台場などの場所を散歩しながら、
町田氏といしい氏が思うままにおしゃべりするというもの。

町の様子や、現れる人々を見ながら会話は進みますが、
時々、人生相談の内容が話題になることも。
人間は何を悩んでいるのか、それを、市井の様子を眺めながら語るのです。

あぁ、前半は、このための材料提供だったんだなと納得。
ちょっと材料の部分が長すぎる気もしますが、
後半で、良いネタになっていました。
人間のダメさを分析するという感じで。

そして、いしいしんじ氏は、らもさんとの対談以来ですが、
インテリなのにどこかネジが飛んでる感じが面白いです。
リクルートのイメージ部出身って、一体どんな経歴なんだ(笑)。


人生を救え! (角川文庫)人生を救え! (角川文庫)
町田 康 いしい しんじ

角川書店 2006-03-01
売り上げランキング : 545985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  町田康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『海』
- 2017/10/14(Sat) -
小川洋子 『海』(新潮文庫)、読了。

つかみどころのない短編集です。
架空の楽器が登場したり、いつの時代の話だろう?という感覚になったり、
え、ここで物語を閉じちゃうの?というものがあったり。
でも、小川洋子らしい作品集な気もします。

個人的に気になったのは「バタフライ和文タイプ事務所」。
和文タイプライターという道具の、今から考えるとあまりに非効率というか
逆にその複雑性を仕組化した人の凄さが分かるというか、
この不思議な道具が醸し出す雰囲気は独特です。
その活字を倉庫で管理している男という存在がまた不思議というか不気味で。
作品の世界観が深ーくなっていく舞台装置だなと思いました。

あと、一番好きだったのは「ガイド」。
市内の観光ガイドをするお母さんが率いるツアーに参加することになった息子。
息子であることが周囲にばれてはいけないと気を遣う様子が健気です。
そして、隣に座った初老の男性との交流がはじまり・・・・。
この男性の職業が変わっているのですが、私はあまりそこに意味を見出せませんでした。
男の子の健気さばかりが目について、頑張れよ~と応援したくなる心境です。
そして、この母が案内する町が、拷問室があったり、武器庫があったり、
なんだかオドロオドロシイのが、また男の子の健気さやや母親の愛情と対照的な感じで
印象に残りました。


海 (新潮文庫)海 (新潮文庫)
小川 洋子

新潮社 2009-03-02
売り上げランキング : 330579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小川洋子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『Rのつく月には気をつけよう』
- 2017/10/13(Fri) -
石持浅海 『Rのつく月には気をつけよう』(祥伝社文庫)、読了。

石持作品の理屈っぽさ全開!
楽しい飲み会の席で、ここまで理屈で責められると
揚げ足取りされているような気分になるのでは?と思わずにはいられません(苦笑)。

大学時代からの親友3人。
社会人になってもコンスタントに集まり、おつまみとお酒を持ち寄り、
1人ゲストを招いて飲み会を開く。
その席でゲストのちょっとした一言から、思いもよらなかった真相が見えてくる・・・・。

安楽椅子探偵の変わり種という感じでしょうか。
話の内容だけで、もっと言ってしまえば気になる一言だけで、
本人も気づいていなかった真相を当ててしまう推理力は凄いの一言ですが、
そんなこと、ほじくり返さなくてもいいじゃない・・・・という話も多く、
やっぱり理屈っぽさが目についてしまいました。

お話ごとに、ちょっと変わったおつまみとお酒の話が出てくるのですが
おつまみ情報は面白かったです。
銀杏がおねしょに効くとか喘息に効くとか知らなかったです。
チーズフォンデュも、そういう作り方なのかぁと初めて詳しく知りました。
自宅飲みの小ネタ収集には良い本かもしれません。


Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)
石持 浅海

祥伝社 2010-08-31
売り上げランキング : 201519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  石持浅海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『そろそろくる』
- 2017/10/12(Thu) -
中島たい子 『そろそろくる』(集英社文庫)、読了。

月経小説という新ジャンル!?(笑)

女性の月経というイベントについて
ここまで真正面から描いた作品に初めて出会いました。

PMS(月経前症候群)というワードを使って、
女性特有のイライラや急な涙などの情緒不安定なところや
発熱、腹痛といった肉体的な変調と格闘する女性たちの姿を描いています。

女性のストレスの在り様とか、変に客観的に世の中を見ているところとか、
『漢方小説』のときにも上手いなぁと感じた描写が今回もふんだんに。

PMSをちょっと誇張して書きながらも、でも、共感できる範囲にとどめていて、
30代、独身、彼氏なし、みたいな女性を、その本の題材を上手く使って
分かりやすく描く人だなぁと改めて感じました。

独身女性にとって、親友の存在みたいなものが、
独身を独身のまま居させてしまう理由の1つではないかと思うのですが、
本作でも、ニンニンさんなど、素敵な友達が居て、
いいなぁ・・・・・と素直に思ってしまいました。

他の作品も読んでみたい作家さんとなりました。


そろそろくる (集英社文庫)そろそろくる (集英社文庫)
中島たい子

集英社 2009-02-25
売り上げランキング : 179126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『蒼ざめた馬を見よ』
- 2017/10/11(Wed) -
五木寛之 『蒼ざめた馬を見よ』(文春文庫)、読了。

著者のエッセイで本作を知り、すぐにBookOFFで見つけたので即買い。

直木賞受賞の表題作をはじめ、5つの短編が収録されています。
いずれもロシア絡みだったり、冷戦絡みだったり。
当時の日本や世界の時代状況が滲み出ている短編集です。

表題作は、冷戦下のソ連で、極秘に国外での自作小説の出版を望む著名小説家の元に
日本人記者が原稿を受け取りにいくという、ある種の冒険譚。
短編なので、物語の進行があまりにあっさりと進んでいくような印象を受けましたが、
しかし、コトの真相の部分は、非常に面白かったです。
これは、長編で読みたかったなぁという思いを抱きました。

個人的に面白いと思ったのは「天使の墓場」。
冬山で遭難事故に遭った高校の山岳部。
吹雪の中で退避したのは、山肌に墜落していた米軍の戦闘機の中。
意識を失い、救出された引率教師は、米軍機の墜落がなかったこととされ、
さらには生徒たちが行方不明扱いになっているということを知る。

こちらも、コトの真相の部分が、そういう展開かぁ・・・・という感じで
時代を感じさせてくれます。

やや陰謀論的なところも含めて、時代ですねぇ。


新装版 蒼ざめた馬を見よ (文春文庫)新装版 蒼ざめた馬を見よ (文春文庫)
五木 寛之

文藝春秋 2006-12-01
売り上げランキング : 204906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  五木寛之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『激流』
- 2017/10/10(Tue) -
柴田よしき 『激流』(徳間文庫)、読了。

中学校の修学旅行先で、
グループ行動を取っていた最中に生徒が1人失踪した・・・・。
そんな衝撃の修学旅行から20年が経ち、
35歳になったグループメンバーたち。
彼らに、失踪した女子を名乗るメールが届き・・・・。

人が一人いなくなるというコト自体が不気味なことなのに、
その子から20年ぶりにメールが届くなんて衝撃。
メールを受け取った人たちは、驚きながらも自分なリの解釈をつけて
何とか受け止めようとしますが、私だったら発狂しちゃうかも。

メールのことだけじゃなく、
仕事で嫌がらせを受けたり、殺人事件に巻き込まれたり、
ストーカー事件に遭ったり、マンションの住人がやたら近寄ってきたリ、
不可解な事件が彼らのまわりで頻発します。

同級生たちは集まって対策を協議し、推理に頭を捻りますが、
かれらが真相に近づいていっているという実感よりも、
敵がにじり寄ってくるような恐ろしさがあり、
この先どうなっていくんだろうか、一体真相は何なのだろうかと一気読みでした。

そして、サスペンス要素だけでなく、
中学校卒業後の20年間で、それぞれが歩んできた道のり、背負ってきたものが
今の生活を成り立たせているということが良く分かる描写で、
35歳という年齢であっても、人生には重みがあるんだなということを実感しました。

自分と同じような年代の人を描いているから特にそう感じたのかもしれませんが、
それぞれの生き方や判断に共感する部分がありました。

下巻の途中までは、本当に面白く読んだのですが、
結末に近づくにつれて、真相が見えだすにつれて、
ちょっと人間関係が濃すぎというか、無暗に繋がり過ぎなのが気になってきました。
都合が良すぎるんじゃない?世間が狭すぎるんじゃない?と。
例えば、佐原の存在とか。

真相にたどり着いたとき、
あぁ、そういうことだったのか・・・・・と納得する自分と、
えぇ、そんなことだったのか・・・・・とガッカリする自分とが居て、
知りたかったような、知りたくなかったような結末でした。

理性を失くしてしまうような、
人間の情念って怖いな・・・・・という感想になった作品でした。


激流〈上〉 (徳間文庫)激流〈上〉 (徳間文庫)
柴田 よしき

徳間書店 2009-03-06
売り上げランキング : 336366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

激流〈下〉 (徳間文庫)激流〈下〉 (徳間文庫)
柴田 よしき

徳間書店 2009-03-06
売り上げランキング : 332686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  柴田よしき | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本農業の底力』
- 2017/10/08(Sun) -
大泉一貫 『日本農業の底力』(新書y)、通読。

内容が頭に入ってきませんでした。

書かれたのが2012年ということで、民主党政権時代。
どうにも中途半端なんですよねー。

TPPとか震災とか、
当時においては、もちろん農業政策において重大な課題が
噴出した時期ではあったのですが、
今振り返ると、国政において議論にならない議論をしていただけで、
中身がないなーと。

従って、その時期に書かれた本を今読んでも
イマイチな感が拭えず。


日本農業の底力 ~TPPと震災を乗り越える! (新書y)日本農業の底力 ~TPPと震災を乗り越える! (新書y)
大泉 一貫

洋泉社 2012-03-06
売り上げランキング : 784205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『海賊とよばれた男』
- 2017/10/07(Sat) -
百田尚樹 『海賊とよばれた男』(講談社文庫)、読了。

大ヒット本。
分厚い上下二巻本で積読状態だったのですが、
東京出張で移動時間がたくさんあったので挑戦してみました。

出光興産の出光佐三がモデルですが、
ここまでユニークで強烈な経営者だったとは知りませんでした。

石油と言えば、エネルギー業界の王様であり、
それが原因で世界経済が歪んだり、戦争が起きたり、
とにかく国家レベルで向き合う事業だという認識です。

そんな中、一企業・・・・・というか一民間商店が、
自分の力だけで事業をやっていこうとする、凄まじいエネルギーの物語でした。

大正時代の話なら分かりますよ。
どれだけ将来性があるか見えていないオイル製品を
山師のような商人が手を付けようとするのは。

ところが佐三は、戦後の時代において、
GHQや日本政府、石油業界団体を敵に回してでも
独立独歩で行こうとするのですから、この信念には魂消ました。

昔、出光興産やそのグループ会社の方々と仕事を一緒にしたことがあるのですが、
非常に情熱的だし、お客様第一という姿勢が骨身に沁みついているという印象でした。
社員教育のレベルというよりも、信念が合う人を採用しているというイメージです。
そんな社員がなぜ生まれるのか、その理由が本作に詰まっていると感じました。

冷静に考えたら、「それは役員会でストップかけなさいよ!」というような
非常識な経営判断がどんどん繰り出されるのですが、
個人商店が大きくなってしまったという出光では、店主の声が神の声。
落ちてきた命令に対しては、「どうやって実現するかを考え行動する」という
選択肢しか残っていません。
これで社員がついてくるのですから、佐三個人の人間性がいかほどのものだったのか
想像が追い付かないぐらいです。

本作では、あまりに佐三がかっこよく書かれ過ぎて、
その働かせ方はいくら何でも酷いだろうとか、
その命令は理不尽過ぎるだろうとか、
マイナス印象の経営判断や事故については書かなかったんじゃないだろうかとか
いろいろ思ってしまう面もありましたが、
ま、これは、一人のヒーローの物語ということで、
最後まで気持ちよく読めるのもアリかなと思えました。

そして、彼のような存在を支えられたのは、熱い思いの従業員が多数いたから。
戦後10年ほどで、どんどん大きくなっていく様子には、
トップ1人の力ではどうにもならない凄まじいエネルギーを感じました。
結局、これって、戦前からの教育の蓄積により、ちゃんと人材が育っていたからなのかなと。
世界中の戦争後の混乱状態を思うにつけ、
日本がこれだけ急激に復活できたのは、やはり教育の力のように思いました。

現在は、昭シェルとの合併話で創業家と揉め揉めしてますが、
こういう出自の企業なら、アイデンティティを失うような話になるので、
そりゃ創業家は止めに入りますわなぁ。
どのような結末になるか、見ものですね。


海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2014-07-15
売り上げランキング : 1636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2014-07-15
売り上げランキング : 1418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ