『ぐるぐる七福神』
- 2017/10/22(Sun) -
中島たい子 『ぐるぐる七福神』(幻冬舎文庫)、読了。

漢方小説月経小説ときて、今度は七福神小説。
いや~ぁ、微妙なところを突いてきますねぇ。

恋人なし、趣味なし、仕事のやる気なしのアラサー派遣社員のぞみは、
たまたま祖母の部屋のゴミの片づけをした際に見つけた
谷中七福神巡りの御朱印帖に1つ空欄があることに気づき、
なんとなく七福神巡りを始めてしまう・・・・・。

というような要約だと、暇なアラサー女子の日常小説のようですが、
私的ポイントは、このやる気なし派遣社員が、実は活動家上がりなこと。

大学生の時に食品添加物の害を声高に叫んだり、
食品加工場に潜入調査をする過激な反対活動をしたり
地球と人間に優しい農業をするんだと息巻いたり、
とにかく目に付くものに反対して自己主張をするものの
どれも中途半端に失敗して新たな活動の場に逃げ込むという
典型的な活動家の右往左往を経験していて、
挙句の果てに30歳を過ぎたところで燃え尽き症候群。
この主人公のバックボーンが興味深くて、小説の世界にのめり込んでしまいました。

御朱印帖に空欄があるのに気付いたのに放置したら祖母の病態に障るかも、
大学の時の元カレが死んだのは自分の心無い一言が原因だ、
会社の隣の席の人が私を真似て魔法瓶を買ったら悪いことが起きるかも、
何でも自分に責任があると思い込んで、動けなくなってしまった主人公。

あなたの活動家実績が世の中に影響を与えなかったのと同じように、
あなたの日常の行動も、そんな影響力無いですよ・・・・・と言ってあげたくなります。
でも、それだけの影響力が自分にあると思い込んでしまう、
それはもう、活動家病ですね。

そんな偏屈な主人公が、自発的にではなく、
半ば心情的に強制されたような状態で巡っていく七福神たち。
都内には様々な七福神巡りコースがあり、
私も部分的にお参りしたことがあります。
基本的に小さな寺社が多い印象ですが、
そのこじんまり感が、この小説のテイストにぴったりな気がします。

日常のほんの延長線上にいる七福神たちが、
主人公に、冷静になれ、周りを見ろ、友人たちにヘルプを出せと言っているようで、
段々と心が落ち着いていく様子が見てとれます。
これこそ神のご加護ですね。

落ち着くところに落ち着いた感じの結末も心地よかったです。
中島たい子作品、どれも面白いわぁ。


ぐるぐる七福神 (幻冬舎文庫)ぐるぐる七福神 (幻冬舎文庫)
中島 たい子

幻冬舎 2014-02-06
売り上げランキング : 340355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  中島たい子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『図書館の神様』
- 2017/10/22(Sun) -
瀬尾まいこ 『図書館の神様』(ちくま文庫)、読了。

著者の名前を初めて知ったのは、
本読みさんのBlogで、よく本作のタイトルを見かけたから。
やっと100円で見つけたので、さっそく読んでみました。

が・・・・・なんだか思っていたのと違う・・・・。

熱血バレー選手だった学生時代、
チームメイトをきつく叱責して、その子が直後に自殺してしまうという
重たい過去を背負った主人公。
今はやる気もなく高校で国語の講師として1年契約で働く身。
私生活ではケーキ屋のオーナーシェフと不倫中。

過去が重たすぎるのに比して、今の主人公の思考が軽すぎて
どうにもアンバランス。
しかも、不倫相手の男が、なんでこんな男と!?と思ってしまうほど
魅力が感じられない軽い男。
でも、ケーキ教室では生徒を厳しく指導してしまう熱血男。

似た者同士というか、どうしようもない同士というか。
この2人の会話を読んでいると、気が滅入ります。

高校の文芸部で顧問として活動している時間は、
たった1人の部員の垣内君が大人なので、そのシーンは救われます。

なんで、こんな作品が、人気あるんだろうか?と疑問だったのですが、
中盤で、話の軸が不倫関係から同僚教師との関係や弟との関係、
そして垣内君との関係に移っていってから、俄然面白くなりました。

主人公が、人間関係に対して、あれこれと頭を使って中身のある思考をするようになり、
自分という存在を見つめなおすようになり、その冷静な分析を
興味深く読みました。

どの人間関係も、主人公が尖った感情を向けている一面があり、
ホッとする関係は出てこないのですが、
その緊張感が、作品に緊張感を生み出しており、面白いなと。

前半の弛緩した不倫関係の描写と対極にあり、
後半の味付けための前半だったと思えば、
苦痛だった時間も受け入れられるようになりました。

裏表紙にある「傷ついた心を回復していく再生の物語」というフレーズに、
そうだなぁと深く納得できました。

併録されている「雲行き」も、
義理の父との関係性を描いていて、面白かったです。
女の子の尖がった気持ちと、義理の父の大らかな気持ち、
母のおとぼけなところ、それらの交わりが興味深かったです。


図書館の神様 (ちくま文庫)図書館の神様 (ちくま文庫)
瀬尾 まいこ

筑摩書房 2009-07-08
売り上げランキング : 116227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  瀬尾まいこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『フラン学園会計探偵クラブ』
- 2017/10/21(Sat) -
山田真哉 『フラン学園会計探偵クラブ』(角川文庫)、読了。

商業科がメインの高校を舞台にした物語。
なんと簿記部の指導教官が萌さん!
女子大生会計士シリーズの後続シリーズという位置づけだそうです。

というか、会計士から高校教師への転職なんて、
一体、何やっちゃったのよ萌さん!って感じです。

さて、簿記部の中に、新たに会計探偵クラブを作った主人公たち。
持ち込まれる確定申告書類から、
税金のからくりを解き明かしていきます。

確定申告の仕組みや税制度の考え方については勉強になって
面白く読めましたが、肝心の小説の方がイマイチ・・・・・。

もちろん端から、そんな大したレベルは期待はしていませんが、
しかし、一応小説の態を取っているのだから、
そこそこ読みやすいものを期待しちゃいます。

本作は、キャラクター設定に無理がある人を何人も出してしまったせいで、
話のテンポが混乱しているように思いました。
他のシリーズは、基本的に強烈キャラは会計士の先生だけですからね。

というわけで、税金の勉強は引き続きしたいものの、
シリーズ続編を読むべきかどうかは、正直迷い中。


フラン学園会計探偵クラブ Report.1 (角川文庫)フラン学園会計探偵クラブ Report.1 (角川文庫)
山田 真哉

KADOKAWA / 角川書店 2013-10-25
売り上げランキング : 66188

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山田真哉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『アルゼンチンババア』
- 2017/10/20(Fri) -
よしもとばなな 『アルゼンチンババア』(幻冬舎文庫)、読了。

映画公開時に映画館まで観に行きました
小汚い魔女のようなオバチャンを演じる鈴木京香が見たい、その一心で(笑)。
小汚い鈴木京香と小汚い役所広司がタンゴを踊っているシーンの記憶しかないのですが、
面白かったというフワッとした印象はありました。

その原作です。

こんなに短い作品だったのか・・・・・と、
まずはシンプルさに驚きましたが、
ムダを削ぎ落した中にも独特の世界観があり、
原作も面白かったです。

そして、読んでいくにつれて、映画のシーンをいろいろ思い出しました。
主人公の少女が初めてアルゼンチンビルに入ったとき。
いとこの男の子を連れてビルに入ったとき。
夏草の生い茂る庭からビルを見上げている風景とか。

どういう暮らしをすることが幸せなのか、
自分の幸せとは?家族の幸せとは?ということを
考えさせられる作品です。

職人気質な父、彫刻家になりたかったのに墓石屋になった父、
妻を亡くして落ち込む父、アルゼンチンババアと同棲を始めた父、
どれも女の子の立場からは扱いにくく、面倒くさい存在なのに、
この子は、無闇に遠ざけず、かといってお節介に介入することもなく、
絶妙な距離感で父親と向き合っています。

さらに、昔ひと悶着あったいとこの男子とも
水に流したのか、お互いに成長して気にならなくなったのか、
これまた上手い距離感で会話をしていきます。

このあたりの、人間関係構築力の高さというか、
無理をしない突き放し感が、羨ましい能力だなぁと感じてしまいました。

あと、この作品を読んでいる間じゅう、
魔女のような鈴木京香が、私の頭の中で活き活きと動いていました。
女優さんの存在感ってすごい!


アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)アルゼンチンババア (幻冬舎文庫)
よしもと ばなな

幻冬舎 2006-08-01
売り上げランキング : 170159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルゼンチンババア ~みつこの夏~ [DVD]アルゼンチンババア ~みつこの夏~ [DVD]

レントラックジャパン 2012-05-26
売り上げランキング : 138603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  吉本ばなな | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「災いはモノノケとともに」
- 2017/10/18(Wed) -
「災いはモノノケとともに」

斎宮歴史博物館で開催中の「災いはモノノケとともに」をテーマに、
みえミュージアムセミナーが開催され、
その講演を聞きに行ってきました。

20171017_145634_539.jpg

古典や絵巻物の中に登場する
モノノケたちの様子や人間との関わりを見ていくことで、
人間が何を畏れ、何を大切にしてきたかを知ることができます。

文化が中国からもたらされるとともに、
モノノケの存在も中国からもたらされたようで、
畏れるという概念が輸入により強化されていったように思い、
そこを興味深く感じました。

幸せを絵にすることは難しいというか
バリエーションがあまりないように思いますが、
恐ろしさ、モノノケのバリエーションの豊富さよ。

信仰による社会統制は、恐れや畏れがあると
強化しやすいということも良く分かりました。

もっと多様なモノノケの描写を見たいと思わせる
面白い企画でした。

講師の同博物館学芸員の船越重伸さんの
ウィットに富んだ語り口も魅力的でした。
この記事のURL | 美術展 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『プロフェッショナル広報戦略』
- 2017/10/17(Tue) -
世耕弘成 『プロフェッショナル広報戦略』(ゴマブックス)、読了。

小泉政権で広報戦略を担当し、有名になった著者。
その広報戦略について書いた本。

「広報戦略」と銘打っていますが、
広報戦略を解説した本ではなく、
広報戦略に則って郵政選挙を戦った経過を
成功談を中心にまとめたものです。

自民党寄りの人が読むと面白い政治ルポのようですし、
自民党嫌いの人が読むと自慢し放題の本と思うのでしょうね。

私は、結構面白く読みました。
世耕さんの作戦が上手かったのかとか、世の中がどう反応したかということよりも、
これまで広報戦略をおざなりにしてきた自民党という組織が
郵政選挙を前に、世耕という人材を使って、自らの改革をしようとした
その腹をくくったときに発揮される組織力のようなものが感じられて、
さすが長年政権を担ってきた党だなと感心しました。

小泉首相、武部幹事長といった主要ポストの人々が、
世耕という若造の提言を聞き、その場で取り入れるか否かを判断し、
取り入れるとなったら即座に指示をし体制をつくる、
そのスピード感が、さすがだなと思いました。

著者がNTT職員から国会議員に転身する際も、
森幹事長や尾身総務局長が、著者の出した条件を満たすように動き、
そして最後は、著者の心を動かす言葉で熱く働きかける。

著者の広報術で、きれいに演出されている部分もあるでしょうけれど(笑)、
でも、やっぱり、大きな組織を動かしていく幹部人材の動き方として
非常に教育されていて洗練された人材がそろっているなと感じました。

崩壊中の旧・民進党や、何だか良く分からない希望の党の迷走ぶりを目の当たりにしている
今現在の政局と比較してしまうので、一層、その思いを強くしているのかもしれません。

広報戦略の内容よりも、自民党の人材力や組織力が
強く印象に残った一冊でした。


プロフェッショナル広報戦略プロフェッショナル広報戦略
世耕 弘成

ゴマブックス 2005-12-20
売り上げランキング : 254091

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『菜の花の夢』
- 2017/10/16(Mon) -
辻保彦 『菜の花の夢』(中経マイウェイ新書)、読了。

どこで入手したのか忘れてしまいましたが、
三重県の実業家の半生記。
中部経済新聞に連載されたものということで、
「私の履歴書」のようなコーナーのようです。

父が作ったコーン油搾油会社を継ぎ、
どんどんと大きくしていく過程は、
そのアイデア実行力が素晴らしいなと思って読んでいましたが、
中盤から、他の分野の企業との合弁事業や業務提携の話が出てきて、
「あれ、この人、もしかすると見たことあるかも・・・・・」。

昨年、三重大学で開催された某学会で
その独創的な事業展開を表彰されていたのが、著者だったと思います。
相応のお年を召した方でしたが、若い事業者と連携して
新たな事業を生み出していこうというエネルギー満ちていました。

その具体的な実績が、本作で良く分かりました。
とにかく行動、チャレンジの人で、若い人のお手本となる人物だと思います。


残念ながら、Amazonでは著作データが出てきませんでした。

にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人生を救え!』
- 2017/10/15(Sun) -
町田康、いしいしんじ 『人生を救え!』(角川文庫)、読了。

前半が町田康氏による読者の人生相談、後半が対談となっています。

パンクな町田康氏の読者の悩み事とは、やっぱりパンクなんだろうなと
期待して読み始めたのに、最初の相談事が
「セレブ一家の彼との身分違いが気になります」。

なにこの生臭くて青臭い相談は!(怒)
どうも、読者による人生相談は、
相談内容が面白くないことが多くて困ります。

単なるまじめな相談なら、新聞紙面で行わずに、周囲の人に相談しなさいよ
と言いたくなります。
紙面で行う以上は、相談ごとであっても著者の作風を考えて
エンタメ性を意識してほしいものです。

西原女史の読者さんなんかは、
自分は西原女史の作品の登場人物であるときちんと認識して
エンタメ性をもった質問を投げてくるので、読み甲斐があります。
そのレベルに至るまでには、時間がかかったようにも思いますが)

唯一面白かった相談事項は、
「うちのテレビが壊れました。3か月待っても誰もテレビをくれません」というもの。
これぐらいパンチのある相談をしてほしいものです。

で、後半の対談になるわけですが、
浅草、大手町、お台場などの場所を散歩しながら、
町田氏といしい氏が思うままにおしゃべりするというもの。

町の様子や、現れる人々を見ながら会話は進みますが、
時々、人生相談の内容が話題になることも。
人間は何を悩んでいるのか、それを、市井の様子を眺めながら語るのです。

あぁ、前半は、このための材料提供だったんだなと納得。
ちょっと材料の部分が長すぎる気もしますが、
後半で、良いネタになっていました。
人間のダメさを分析するという感じで。

そして、いしいしんじ氏は、らもさんとの対談以来ですが、
インテリなのにどこかネジが飛んでる感じが面白いです。
リクルートのイメージ部出身って、一体どんな経歴なんだ(笑)。


人生を救え! (角川文庫)人生を救え! (角川文庫)
町田 康 いしい しんじ

角川書店 2006-03-01
売り上げランキング : 545985

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  町田康 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『海』
- 2017/10/14(Sat) -
小川洋子 『海』(新潮文庫)、読了。

つかみどころのない短編集です。
架空の楽器が登場したり、いつの時代の話だろう?という感覚になったり、
え、ここで物語を閉じちゃうの?というものがあったり。
でも、小川洋子らしい作品集な気もします。

個人的に気になったのは「バタフライ和文タイプ事務所」。
和文タイプライターという道具の、今から考えるとあまりに非効率というか
逆にその複雑性を仕組化した人の凄さが分かるというか、
この不思議な道具が醸し出す雰囲気は独特です。
その活字を倉庫で管理している男という存在がまた不思議というか不気味で。
作品の世界観が深ーくなっていく舞台装置だなと思いました。

あと、一番好きだったのは「ガイド」。
市内の観光ガイドをするお母さんが率いるツアーに参加することになった息子。
息子であることが周囲にばれてはいけないと気を遣う様子が健気です。
そして、隣に座った初老の男性との交流がはじまり・・・・。
この男性の職業が変わっているのですが、私はあまりそこに意味を見出せませんでした。
男の子の健気さばかりが目について、頑張れよ~と応援したくなる心境です。
そして、この母が案内する町が、拷問室があったり、武器庫があったり、
なんだかオドロオドロシイのが、また男の子の健気さやや母親の愛情と対照的な感じで
印象に残りました。


海 (新潮文庫)海 (新潮文庫)
小川 洋子

新潮社 2009-03-02
売り上げランキング : 330579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  小川洋子 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
『Rのつく月には気をつけよう』
- 2017/10/13(Fri) -
石持浅海 『Rのつく月には気をつけよう』(祥伝社文庫)、読了。

石持作品の理屈っぽさ全開!
楽しい飲み会の席で、ここまで理屈で責められると
揚げ足取りされているような気分になるのでは?と思わずにはいられません(苦笑)。

大学時代からの親友3人。
社会人になってもコンスタントに集まり、おつまみとお酒を持ち寄り、
1人ゲストを招いて飲み会を開く。
その席でゲストのちょっとした一言から、思いもよらなかった真相が見えてくる・・・・。

安楽椅子探偵の変わり種という感じでしょうか。
話の内容だけで、もっと言ってしまえば気になる一言だけで、
本人も気づいていなかった真相を当ててしまう推理力は凄いの一言ですが、
そんなこと、ほじくり返さなくてもいいじゃない・・・・という話も多く、
やっぱり理屈っぽさが目についてしまいました。

お話ごとに、ちょっと変わったおつまみとお酒の話が出てくるのですが
おつまみ情報は面白かったです。
銀杏がおねしょに効くとか喘息に効くとか知らなかったです。
チーズフォンデュも、そういう作り方なのかぁと初めて詳しく知りました。
自宅飲みの小ネタ収集には良い本かもしれません。


Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)
石持 浅海

祥伝社 2010-08-31
売り上げランキング : 201519

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  石持浅海 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ