FC2ブログ
『人麻呂の暗号』
- 2019/11/18(Mon) -
藤村由加 『人麻呂の暗号』(新潮社)、通読。

近所のおっちゃんがくれた本。
全くこの本について知らなかったので、「柿本人麻呂の伝承に迫った本なのかな?」と思い
読み始めてみたら、「万葉集は朝鮮語で読むと本当の意味が分かる!」というような話が始まり、
「え?そういう本なの???」と、ちょっと読んだところで慌てて検索をかけたら、
どうも「と学会」がトンデモ本認定をしているようで、しかもベストセラーになってるということで、
万葉集の真相とかよりも、一体何がトンデモ本なのか読んでみようとシフトチェンジ(苦笑)。

日本語というのは、昔の文化の流入ルートを考えれば中国語や朝鮮語に大きな影響を受けているでしょうし、
朝鮮語もまた、中国語に大きな影響を受けているでしょうから、
日本語の中に、朝鮮語に類する要素が多分に含まれているのは、そりゃ当然でしょう。

ただ、本作で推理されている万葉集と朝鮮語の関係性については、
「あ、この言葉似てるね~」という思い付きから他も眺めてみたら
「あ、これも似てるよ~」、「こんなのもあるよ~」といくつか事例を見つけて、
そこからいきなり「万葉集は朝鮮語で読める!」という結論に急に飛んで行ってしまうので、
「おいおい、全然、科学的な検証の手続きを踏んでないじゃないか」とツッコんででしまいました。

本作の中で登場してくる「アガサ」こと中野矢尾先生と呼ばれる人物が
何の先生なのかはよく分からなかったのですが、
先生と呼ばれる立場なのであれば、もう少し、帰納法的な検証手順を指導してあげた方が
良いのではないかと思いました。

論を進める手続きの部分が、素人の思い付きで動いているように感じられ、
私には、この本が主張する内容に学術的価値を見出すことができませんでした。
手続きをきちんと踏んだ論文になっていれば、もっと身を入れて読めたかもしれません。

一方で、本作の中で著者たちが指摘している「聖徳太子が一度に10人の話を聞き分けたというのは
10人が同時にしゃべっている状況ではなく、10か国語を操れたという意味だ」という指摘は、
なるほど面白いなぁと思いました。
当時の東アジアの文化交流の多様性や高密度を想起させる指摘であり、
ここは興味深いなと思いました。
だからこそ、言葉遊びに終始するのではなく、
この文化交流の社会性をもっと深掘りしてほしかったです。





にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『男は敵、女はもっと敵』
- 2019/11/17(Sun) -
山本幸久 『男は敵、女はもっと敵』(集英社文庫)、読了。

映画のフリー宣伝マン(こんな職業あるの?)の藍子を軸に、
家族やら業界の人々やらの人間関係をポップに描いた連作短編集。
1話ずつ視点が変わっていくので、複層的に世界観が構築されていって
後半になるほど面白さが積み重なってきます。
その分、前半はちょっと単調な印象かな。

藍子は超美人で、スタイルも抜群で、仕事もバリバリできる女傑というような設定ですが、
本人の発する言葉や行動を見ていると、なんだか、あんまりそんな風に感じなかったんですよねー。
周囲の人物を通して描かれる藍子像は、確かにバリバリできる人なんですけど、
本人自身の言動が、その他人から見たイメージとうまく重ならないというか。
見た目についての描写も結構なされていたにもかかわらず、
私の頭の中に具体的な人物イメージが浮かび上がってきませんでした。
なんでだろ?
そのぶん、ちょっと作品と読み手の私の間に距離があったのかなぁ。

映画業界とか宣伝業界というあたりが舞台だったので
お仕事小説として面白く読んだのですが、ちょっと恋愛の部分が
さすがにリアリティに欠けたところが、ついていけなかった要因だったのかな。

藍子の仕事観とか、正義感とかは好きでした。
自分の役割は100%の力でこなすという使命感。
そのあたりは共感できました。

なんだか、しっくりこない感が最後まで残ってしまいましたが、
面白いのは面白かったです。
説得力無いな(苦笑)。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  山本幸久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか』
- 2019/11/16(Sat) -
半藤一利、江坂彰 『日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか』(知恵の森文庫)、読了。

近現代史に一家言ある半藤氏と、経営評論家の江坂氏による本。
対談かと思って買ってきたのですが、
どちらかというと往復書簡的な構成になってます。対話というのかな。

対談だと、議論が枝葉の部分に流れ込んでいったり、
結論が出ないまま別の議論に移っていったりというストレスが時々起こりますが、
本作は落ち着いた大人のやり取りが行われていて読みやすいです。

失敗を繰り返さないために歴史に学ぶ必要があるという主張は
大いに納得するところではありますが。
本作では、特に太平洋戦争を中心とする日本軍の行動思考とその結果について
いろいろと分析しているので興味深いところではありますが、
一方で、それぞれの話の中に断片的に登場してくるので、
全体像は分からないままです。

その点では、太平洋戦争の一連の流れを把握している人でないと、
この本で指摘していることや批判していることを、適切に理解するのは難しいかなと思います。
先に、半藤氏の本か何かで、太平洋戦争についての日本軍の動きをきちんと学んでから
読んだ方が良かったかなと思います。

本作の特徴のもう一つは、江坂氏が経営論と絡めて太平洋戦争を語っていることで、
その分析は、ちょっと浅いと思うところが多いのですが、
歴史のことだけを語る人2人が対話する銛も、
別の視点で考察する人と組み合わせているので視点が広がって面白かったなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  半藤一利 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『埋蔵金発掘課長』
- 2019/11/15(Fri) -
室積光 『埋蔵金発掘課長』(小学館文庫)、読了。

ブックオフに室積作品が結構並んでたので、
まだ読んでない作品を全部買ってきました(笑)。
室積ワールドって明確なので、ある意味安心して買えます。

で、本作は、広告代理店を早期退職して山口県の実家に戻った男が主人公。
Uターン後に一緒に暮らすはずだった父親にすぐに死なれてしまい、田舎で一人暮らし。
生活に困っているわけでもなく、午前中に近所の直売所に野菜を集荷するバイトだけ。
あとはのんびり浜辺で海を眺めたり、夜は家に同級生を呼んで宴会の日々。
そんな男に、市役所勤めの同級生が市長命令の仕事を持ち込んでくる・・・・・。

物語の軸は、財政が苦しい自治体が一発大逆転を狙って
埋蔵金発掘に乗り出すという、ドタバタコメディの王道で、
埋蔵金発掘課のメンバーや協力者も曲者ぞろいなのですが、
個人的には、発掘話よりも、地方での暮らし方や弱小自治体の大変さみたいなところに
興味を持って読みました。

「埋蔵金発掘課」なんて名前にしてしまうと、絵空事でリアリティがないように思えるかもしれませんが、
各地の自治体が取り組んでいる「自称・町おこし」みたいな企画の大半が、
埋蔵金発掘と同じようなレベルなのではないかと思ってしまいます。
正直、千三つの世界。

市長の思い付きで市役所職員が翻弄されたり、
口の回る市役所職員が知り合いをうまく巻き込んで活動を押し付けたり、
市役所の変にやる気のある職員は能力が無くてマイナス影響ばかりまき散らしたり、
アスリートのような能力のある若者に食べていくための仕事が無かったり、
郷土史家と妄想爆裂おやじは紙一重だったり、
まぁ、いずれも地方あるあるですよね。

そういう世界を、うまく描いてるなぁと思い、
地方に住む私の日常も、実は本作の舞台と似たり寄ったりなのかもと思ってしまいました。
この埋蔵金発掘課の密着取材をした涼子のような目線を、
その地に住みながら持っている感覚でしょうかね。

終盤、意外としみじみとした展開になっていきましたが、
たまにはこんな室積作品も良いですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  室積光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『残念な会議の救出法』
- 2019/11/14(Thu) -
山崎将志 『残念な会議の救出法』(日経ビジネス人文庫)、通読。

「残念なシリーズ」ですが、
残念な会議にあれこれダメだしする本かと思って軽い気持ちで手に取ったら、
かなり実践的なハウツー本でした。

具体的なニーズを抱えた状態で読んだら
かなり勉強になると思いますが、
特にそういうニーズがない状態で読んでしまったので
さっと流し読みして終わっちゃいました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山崎将志 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『食べ物日記』
- 2019/11/13(Wed) -
池波正太郎 『食べ物日記』(文春文庫)、通読。

タイトルから、池波さんの食エッセイだと思って買ってきたら、
なんとタイトル通りの「毎日の食べたものを淡々と記録した日記」でした。
朝・昼・晩、律義にすべてのメニューが記録されています。

一体、どうやって「読めば」いいの?って感じですが、
まぁ、こんな本まで出てしまうのは、池波作品の人気の凄さが分かりますよね。

最後に、池波氏による短い食のエッセイが数本と、
池波氏に近い人たちによる対談、鼎談が収録されていましたが、
雑誌編集長たちによる鼎談の中で繰り返し触れられていたのが、
『鬼平犯科帳』という作品の凄さ。

花田紀凱氏は、まさにこの『鬼平犯科帳』の担当編集者だったとのことで、
タイトルを付けたのも花田氏だそう。
こういう作品が世に出ていくところに関わっている人が、編集長になっていくんだなぁと
変なところで感心してしまいました。

いい加減、食レポばっかり読んでないで、『鬼平犯科帳』を読まないといけませんね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池波正太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『検索刑事』
- 2019/11/12(Tue) -
竹内謙礼 『検索刑事』(日経ビジネス人文庫)、読了。

「検索刑事って何なんだよー!(笑)」って感じですが、
著者名を見て買ってきました。
リアリティのない設定の小説で、マーケティングの本質をえぐる著者ですから(笑)。

「『羽毛布団』のキーワードで1位を取らなければ、天誅を下す」との脅迫文が届き、
警察はその捜査に乗り出すことに。
犯人を捜すのと同時並行で、被害者が出ないよう、羽毛布団の検索で1位を取ろうと画策します。

この後者の部分で、新人刑事とIT企業の人々とのやりとりを主に描いているのですが
「検索1位」というものがどうやって出来上がっているのかを分かりやすく示していて
さすが竹内作品と思ってしまいました。

ホームページの制作ではなく、プロデュースをする視点の大切さ、
これは商売をやっていると身に染みて感じます。
しかし、ホームページをこうしたい!というアイデアはあっても、
それを形にする技術がないので、IT企業などに頼むしかなく、
その制作作業にお金と時間がかかるので、二の足を踏んでしまうんですよねー。

で、その制作に携わる人々はというと、超ブラックな環境で働いていることが
本作でも描かれており、IT企業は人間の手を使って長時間労働で業務をこなしているという
なんだか皮肉な状況が浮かび上がってきます。

昔、わたしもサラリーマンだった頃は、社内のシステム部門の社員も
協力会社と呼ばれるシステムベンダーさんも、みんなヘロヘロだったものなぁ・・・・・・。

IT業界の労働環境についても、一度、きちんと勉強してみたいなと思っています。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  竹内謙礼 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『マーケティング辻説法』
- 2019/11/11(Mon) -
成毛誠、日経MJ 『マーケティング辻説法』(日経ビジネス人文庫)、読了。

歯に衣着せぬ言いぶりと断言が小気味良くて、結構好きな成毛作品。
本作も日経MJでの連載をまとめたもののようで、
短い文章に具体的な企業名をちりばめながら
ポイントを押さえての解説が続くので、分かりやすいです。

マイクロソフト時代、社員の下位5%を切ってきたという話。
毎年5%切って、新たに優秀な人間をセレクトして同数の人間を入れる。
10年続けたら半分入れ替えができる。
残酷なように聞こえるけれども、下位5%に該当する人間は、
周囲の評価が一致するだけではなく、本人も「俺かな」と思っているとのこと。
たしかに、一気に下半分を切りますとなったら、「俺は平均はクリアしてる!」とごねそうですが、
下位5%とかだと普段からダメ人材の烙印を押されてる感じになっちゃうのかもしれませんね。
まぁ、実際に、どうやって人事制度化したのかは気になるところですが。

あと、本作では、なぜか2か所ほど「三重県」というワードが出てきて驚きました。
こんなワールドワイドな経営者との接点が見えなかったので。
一つは三重県在住の社長のお話、もう一つは北川県政についての話でした。
後者の、県が観光客の行動調査に取り組んでいたという話は初めて聞きました。
初耳ってことは・・・・・調査結果は今に活かされているのでしょうか?

それと、プロ野球のプロレス化による人気回復を推奨しているのですが、
物語づくりを重視するという提案については、
「FAしたら参加するのがジャイアンツ」と自ら宣言しちゃうヒール役がいて、
ド根性の赤いチームがいるけど驕っていると三日天下になり、
あまりにも可哀そうな燕さんたちが居て、お笑い野球・道化役の虎さんがいて。
結構実践できてるんじゃないですか(爆)。
ドラフト会議前やトライアウト後にはお涙頂戴の番組も溢れてますし、
大きな大会だけが人気なサッカーやラグビーはスポーツそのものの熱さで見せて、
毎日のテレビに登場する野球は、ちょっと演歌的な演出で見せるというのが
日本人の感性には合ってるのではないでしょうか。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  成毛眞 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『国を思うて何が悪い』
- 2019/11/10(Sun) -
阿川弘之 『国を思うて何が悪い』(光文社文庫)、読了。

阿川センセの愛国エッセイです。
右翼なのではなく、保守本流の人というのが私の著者イメージですが
本作もそんな感じで受け止めました。

純粋に日本の社会に対する思いを述べた文章もありますが、
それよりも、文壇の裏話を引き合いに出した話が面白かったです。
東大紛争における三島由紀夫との会話とか、
有吉佐和子が中国に行ってどれだけ感化されたかとか。

日本ペンクラブのイデオロギー性とかについても笑いを交えながら批判してますが、
私も、なんでこんなに政治的声明を出すのかしら?と疑問を持つことが。
所属の作家さんの中には様々な意見があると思うのですが、
それらに蓋をするようにクラブで声明を出すのって、
組織内で異論とかでないんですかね?

そして、「中央線沿線には私小説家ばかり、小田急沿線には左翼ぞろい」とあり、
最近、上念司氏が「世田谷自然左翼」と呼んでるのが思い起こされます。

著者はそういうことに対して声を上げて異を唱えているわけですが、
こういう短いエッセイではなく、もっと深掘りしたものを読んでみたいです。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  阿川弘之 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『朽ちていった命』
- 2019/11/09(Sat) -
NHK「東海村臨界事故」取材班 『朽ちていった命』(新潮文庫)、読了。

東海村のJCO臨界事故は、私が大学3年生の時に起きた事故でした。
原子力の事故で人が死んだという衝撃を受け、結果的に卒論のテーマにしました。

事故直後、マニュアル逸脱ということが発覚した時、
「原子力のような専門性の高い分野で何の知識もない下請けに作業させるなんて!」という
非難の声が高まったように記憶していますが、
しかし、「商業化」というのは研究の舞台から日常生活の中にその技術が下りてくることですから、
全ての工程を専門家が担うわけにはいきません。
そんなことをしたら人件費がかかりすぎてとても商用にはできないわけで、
商業化するということは、一般人でもこなせる仕事にブレイクダウンするということです。

プリウスを作っている工場の作業員が、ハイブリッドエンジンの構造そのものを理解しているかどうかは
問われないのと同じことだと思います。
ただ、プリウスが正しく走るように、暴走しないように、設計図に則って各作業員が
正しく適切に組み立てていくことと同じように、いやそれ以上に、
放射性物質をマニュアルに従って正しく適切に処理することが求めらていた現場で
マニュアルに逸脱した作業が行われていたことが問題なのであり、
そこに企業の責任が問われることは当たり前だと思います。
このあたりの責任追及の世論が、日本では変な方向に行ってしまうことが多いなと感じます。

さてさて、そんなこんなで、一般の人よりも、この事故については良く知っているつもりです。
しかし、原子力の現場を一つの産業として考察することを主軸にしたので、
本作のような「被爆者の治療」という観点では、あまり情報を集めていなかったことを
本作を読みながら思い至りました。

ついつい、原子力産業という大きな括りで事故を眺めてしまうと、
被爆した1人1人のことには目が向かなくなってしまいます。
「死者2名」という数字にまとめてしまうと、個々の人の人生は見えなくなってしまいます。
それを、この本では、大内久さんという人が生き抜いた最後の83日間を描き切り、
世界中で誰も経験した事がない「大量の中性子線被爆をしながらも3か月近く命をつなぐ」ということを
やってのけた過程を教えてくれます。

それまでに世界で起きた臨界事故は20例に満たず、
しかも大量被爆をした人はまもなく亡くなってしまっているという状況で、
最も被爆状態がひどかった大内久さんを受け入れた東大病院でも、
どうやって治療していけばよいのか見当がつかなかったようです。

最初は、大内さんの意識もはっきりしており、外見的な異常も少なく、
医療チームの人々は、病院に運び込まれてくる前に想像していた悲惨な患者像とズレたことで
拍子抜けしたようですが、逆に、元気な時の大内さんの姿に触れてしまったからこそ、
その後、日に日に深刻な状況になっていくにあたり、自分たち医療チームの無力感が
より際立って感じられるようになってしまったのではないかと思いました。

本作では、治療に当たった医師や看護師の「この治療に意味があるのか」
「大内さんを苦しませているだけではないのか」という苦悩が、様々な人の口から引き出されており、
読んでいて、涙が出てきてしまいました。
医療現場では、もちろん、日々、死の場面に直面するであろうプロの人々であっても、
大内さんのケースは、心に大きな動揺をもたらすものだったのではないかと思います。
それでも、それぞれが悩みや疑問を抱えながら、自分の職分で誠実に治療にあたってきたというのは
良くわかりました。東大病院なので医療の技術も経験値もトップレベルの人が集まっているでしょうし、
そのトップチームが「患者を治すんだ!」という一点にどれだけ真剣に取り組んでいるのかが伝わってきます。

医療チームのリーダーでさえ、治療を続けるべきか悩んだ様子が描かれていますが、
結局最後は、家族の「生きてほしい」という思いにこたえるために治療を続けたということになっています。
これ、家族にとっても辛い選択ですよね。
全然状況は違いますが、私の母方の祖母は病院で最期を看取りましたが、
母が延命治療を望まなかったので、心臓の動きが弱っていっても、そのまま自然の成り行きで死を迎えました。
医師の方や看護師の方も、近くで見守っているけど何も手を出さないという最期で、
そこに立ち会った私は、母は凄く重たい決断を自ら行い責任を引き受けたんだと実感しました。
祖母の死は穏やかな最期でしたが、大内さんのような最期の場面に立ち会う家族は、
毎日の治療の様子やその結果が思わしくないこと、日々悪化していく大内さんの体を見て、
いったい何を感じていたのだろうかと、想像しようと思いましたができませんでした。
もし自分がその状況に置かれたら、たぶん、何も判断できず、「全て任せます!」と医療チームに頼み、
「もう、ここまでで良いです」と治療を切り上げるような線引きはできないように思います。
一般人が判断できる世界ではなくなっていると思えて仕方かなったです。

一周忌が終わってから、大内さんの奥様が病院に御礼に訪れたということが書かれており、
最期まで医療チームとの信頼関係は崩れなかったんだなと思い、何かほっとしました。

一方、この治療に関わった医療関係者にとっては、
「患者をいたずらに苦しめたのではないか」という思いは、一生消えないのではないかと思いました。
新たな患者さんに向き合う時も、大内さんの治療経験が突き付けてくるものがあるのではないかと。
きっと、答えは出ないものなんだろうと思いますが、医療の現場というのは、
こういう医師や看護師の誠意のもとに成り立っている、本当に聖職なんだなと思いました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  NHK取材班 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ