FC2ブログ
『ひらいて』
- 2019/11/22(Fri) -
綿矢りさ 『ひらいて』(新潮文庫)、読了。

私の「読みたい本リスト」にあったので、ブックオフで見つけて買ってきたのですが、
うーん、全然刺さらなかったです。
何かの書評で高評価されていたのを読んで、「読みたい本リスト」に入れたはずなのですが。

モテると自覚している女子高生の愛が好きなのは、地味な男子。
しかし、その地味な男子の彼女は、学年内で触れないように距離を置かれている病気持ちの女の子。
愛の感情が暴走して、この3人の人間関係を濃密に動かしていくというお話なのですが、
私には、愛の暴走は暴走でしかなく、共感どころか理解できませんでした。

著者の描く洞察力の鋭い女の子は、私の好みのキャラクターなのですが、
本作の主人公・愛は、洞察力が鋭いのに、行動が暴走してて、どうにも共感できず。
この洞察力があるのに、先々の展開が読めずに暴走してしまうのは、
自分への過剰な自信があるからでしょうかね。
綿矢作品では、主人公に共感できなかったら、その作品はアウトです。

あと、本作にはいろんな要素がキャラクター設定の中に詰め込まれているのですが、
それがどれも消化不良な感じでモヤモヤしました。
主人公・愛の聖書を読むという習慣、
地味な男子の家庭における父親との関係、
糖尿病を持病に抱え毎食事前にインシュリン注射をする女の子、
どれも単発的なシーンで人目を引くために使われただけで、
あまり物語全体に効果的な寄与をしていかなったように感じました。

なんとも座りの悪い小説でした。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  綿矢りさ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『選挙トトカルチョ』
- 2019/11/21(Thu) -
佐野洋 『選挙トトカルチョ』(双葉文庫)、読了。

タイトルが面白そうだなと思って買ってきましたが、
どの短編も現実味の無いフワフワした人物ばかりが登場してきて
話に入っていけませんでした。

謎の内容が、殺人事件そのものではなく、
殺人事件の目撃者が口にした嘘の理由とか、
占いが当たった理由とか、カラスの言葉が分かるとか、
捻ったものが多かったのは興味を引きましたが、
コトの真相についていろいろ捻り過ぎで、
「そんな展開あるかいな」と思ってしまうものも多く、オチで醒めてしまいました。

散歩途中に知り合った父親のような年齢の愛犬家に対して、
犬の名前「タロー」を取って、「タローのパパ」と呼ぶような関係もなんだかなぁですし、
それを若い女性の方が冗談交じりに言うならともかく、
オジサン側が自分のことを「タローのパパ」と言うのは、ちょっと気持ち悪かったです。

表題作の「選挙トトカルチョ」は、選挙でトップ当選をした理由が
こういう作戦もあるのかという点で面白かったですが、
やっぱりリアリティに関しては疑問でした。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『豆の上で眠る』
- 2019/11/20(Wed) -
湊かなえ 『豆の上で眠る』(新潮文庫)、読了。

「変なタイトルだなぁ・・・」と思って買ってきましたが、
そのタイトルの由来は作中で語られており、
童話の『えんどう豆の上にねむったお姫さま』がモチーフになっています。

「布団の上から下にある豆を感じることなんてできるのか?」という
お姫様の能力に対する疑問もさることながら、
「そもそも布団の下の豆を感じられたら何で本物のお姫様だと言えるのか?」という
根本的な疑問を覚える作品ですが、その童話の世界におけるモヤモヤとしたものを
現実世界に持ち込んだらこうなりましたという小説作品になってるように感じました。
この構造は、うまいなと感じました。

仲良し姉妹が小学校低学年の夏休み、遊んでいた神社から、それぞれバラバラに家に帰ったら
妹だけが家に到着し、姉は戻っていなかった。
誘拐だ、神隠しだと大騒動になりますが、手掛かりが何もないまま迎えた失踪から丸2年目の日に
記憶喪失の少女が保護され、姉として家に戻ってきますが、妹は姉を姉として見ることができず
疑惑の目で見続けることになります。

この上段のあらすじは、裏表紙でも書かれていることなので、
妹から見た姉への疑いの眼差しが、小説の中心を占めるのかと思っていたら、
ボリューム的には、姉が失踪した期間における妹、母、祖母を中心とした
姉探しの話の方が多くて、特に情緒不安定になりがちな母と、冷静な祖母、
そんな2人を幼いのに客観的に眺めて「違和感を覚えてもなるべく母の言うとおりにやろう」と
母親の犯人探しに協力する妹。

この3人の心の動きが良く描けていて、興味深く読みました。
娘が突如居なくなるという事件は、現実世界でこの秋にも起きており未だ解決していませんが、
その母親の心情たるやいかがなものなのか。
娘がいないという喪失感、自分に非があったのではないかと責める心、
なぜ妹は姉と一緒に行動しなかったのかと妹を叱責したくなる心、
近隣の人から憐みの目と好機の目で見られる不快感、
様々な感情が心の中に沸き立ってくる様子がしっかり描かれており、
その母親が犯人探しに躍起になる精神バランスの崩れた状態に陥っていくのは
仕方がないことだと思えました。

一方で、この父親の存在感のなさといったら。
姉が家に帰ってこないという当日の夜遅い時間でさえ、のんきな発言をしており
唯一、この家族の中で共感できない人でした。

肝心の姉が戻って来てからのやりとりは、
それまでの、犯人探しをしていた母親の執念や妄想じみた推理のすさまじさに比べると
あっけないくらい簡単に姉を姉として受け入れており、
姉だと本心で認識しているのか、疑問を持っているけど姉だと思い込もうとしているのか
その心の在り様が良くわかりませんでした。

妹は、何かにつけて姉にかまをかけて、本物の姉なのか確認しようとしますが、
どれも中途半端な結末になってしまい、どっちつかずです。
まぁ、これは子供がやることですから仕方ないのですが、
話に進展がないので、読んでいて結構モヤモヤしました。

で、最終盤で一気に姉の口から真相が語られるのですが、
うーん、この真相では腑に落ちない感がすごく残るなぁというのが私の感想です。

ネタバレするので詳しくは書けませんが、
その環境に置かれることを、姉が素直に受け入れたということが信じがたいです。
妹目線で語られる失踪前の姉の描写からしても、あまりそのようなキャラクターには見えませんでした。
そして、その環境には、姉だけでなく、他の人間も巻きこまれていますが、
その人もまた、その環境を受け入れているのが、輪をかけて疑問でした。

ちょっと話を作り込みすぎてしまったのではないかなと感じる展開でした。
まぁ、だからといって、「2年間変質者の男の自宅に首輪をされて監禁されてました」というような
現実世界で起きた事件のような真相を書かれても「そんなリアリティのない展開なんて!」と
思ってしまったかもしれませんが。

人間がつくる社会って、1人の人間が失踪して、何食わぬ顔で2年後に戻ってきても
「はいそうですか、それは良かったですね」と平然とは受け入れられないような
コミュニティメンバーのアイデンティティに対する厳格さと排他性を持っているように思います。
その点が、なんだかうやむやなままで終わってしまっています。
失踪期間中の家族の心の動きが丁寧に描かれていただけに、終盤の失速が残念でした。





にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  湊かなえ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『生きる』
- 2019/11/19(Tue) -
義家弘介 『生きる』(スターツ出版)、読了。

ヤンキー先生こと義家氏については名前程度しか知らないのですが、
ブックオフで50円だったので買ってきました。

各ページに短い言葉が載っているのですが、
それよりも印象に残ったのは、大量に挿入される著者のポートレート集。
著者が学校で指導している日常の様子というよりは
著者が大きく載っているカットばかりで モデルさん???って感じでした。

地元の高校にヤンキー先生として勤め、
その後、横浜市の教育委員会に移り、
そして今は政治家という、なんだか職歴が良くわからない人です。

なんで急に横浜市だったのでしょうか?
本作のポートレートを見てると、「目立てる場所から声がかかるとそっちに行っちゃう人なのか」と
思ってしまいました。

で、本作のお言葉集ですが、まぁ、熱い言葉が並んでます。
良いことも言ってると思いますが、挿入されている写真に自分しか映っていなくて
教育の対象である子供たちが登場してこないので、その言葉にはなんだか上滑り感を
覚えてしまいました。

叱った人間だけが、褒める資格を持っている

これは、その通りだなと思いました。
ほめて伸ばす教育というのには若干の疑問を感じています。





にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『人麻呂の暗号』
- 2019/11/18(Mon) -
藤村由加 『人麻呂の暗号』(新潮社)、通読。

近所のおっちゃんがくれた本。
全くこの本について知らなかったので、「柿本人麻呂の伝承に迫った本なのかな?」と思い
読み始めてみたら、「万葉集は朝鮮語で読むと本当の意味が分かる!」というような話が始まり、
「え?そういう本なの???」と、ちょっと読んだところで慌てて検索をかけたら、
どうも「と学会」がトンデモ本認定をしているようで、しかもベストセラーになってるということで、
万葉集の真相とかよりも、一体何がトンデモ本なのか読んでみようとシフトチェンジ(苦笑)。

日本語というのは、昔の文化の流入ルートを考えれば中国語や朝鮮語に大きな影響を受けているでしょうし、
朝鮮語もまた、中国語に大きな影響を受けているでしょうから、
日本語の中に、朝鮮語に類する要素が多分に含まれているのは、そりゃ当然でしょう。

ただ、本作で推理されている万葉集と朝鮮語の関係性については、
「あ、この言葉似てるね~」という思い付きから他も眺めてみたら
「あ、これも似てるよ~」、「こんなのもあるよ~」といくつか事例を見つけて、
そこからいきなり「万葉集は朝鮮語で読める!」という結論に急に飛んで行ってしまうので、
「おいおい、全然、科学的な検証の手続きを踏んでないじゃないか」とツッコんででしまいました。

本作の中で登場してくる「アガサ」こと中野矢尾先生と呼ばれる人物が
何の先生なのかはよく分からなかったのですが、
先生と呼ばれる立場なのであれば、もう少し、帰納法的な検証手順を指導してあげた方が
良いのではないかと思いました。

論を進める手続きの部分が、素人の思い付きで動いているように感じられ、
私には、この本が主張する内容に学術的価値を見出すことができませんでした。
手続きをきちんと踏んだ論文になっていれば、もっと身を入れて読めたかもしれません。

一方で、本作の中で著者たちが指摘している「聖徳太子が一度に10人の話を聞き分けたというのは
10人が同時にしゃべっている状況ではなく、10か国語を操れたという意味だ」という指摘は、
なるほど面白いなぁと思いました。
当時の東アジアの文化交流の多様性や高密度を想起させる指摘であり、
ここは興味深いなと思いました。
だからこそ、言葉遊びに終始するのではなく、
この文化交流の社会性をもっと深掘りしてほしかったです。





にほんブログ村 本ブログへ



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『男は敵、女はもっと敵』
- 2019/11/17(Sun) -
山本幸久 『男は敵、女はもっと敵』(集英社文庫)、読了。

映画のフリー宣伝マン(こんな職業あるの?)の藍子を軸に、
家族やら業界の人々やらの人間関係をポップに描いた連作短編集。
1話ずつ視点が変わっていくので、複層的に世界観が構築されていって
後半になるほど面白さが積み重なってきます。
その分、前半はちょっと単調な印象かな。

藍子は超美人で、スタイルも抜群で、仕事もバリバリできる女傑というような設定ですが、
本人の発する言葉や行動を見ていると、なんだか、あんまりそんな風に感じなかったんですよねー。
周囲の人物を通して描かれる藍子像は、確かにバリバリできる人なんですけど、
本人自身の言動が、その他人から見たイメージとうまく重ならないというか。
見た目についての描写も結構なされていたにもかかわらず、
私の頭の中に具体的な人物イメージが浮かび上がってきませんでした。
なんでだろ?
そのぶん、ちょっと作品と読み手の私の間に距離があったのかなぁ。

映画業界とか宣伝業界というあたりが舞台だったので
お仕事小説として面白く読んだのですが、ちょっと恋愛の部分が
さすがにリアリティに欠けたところが、ついていけなかった要因だったのかな。

藍子の仕事観とか、正義感とかは好きでした。
自分の役割は100%の力でこなすという使命感。
そのあたりは共感できました。

なんだか、しっくりこない感が最後まで残ってしまいましたが、
面白いのは面白かったです。
説得力無いな(苦笑)。




にほんブログ村 本ブログへ


この記事のURL |  山本幸久 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか』
- 2019/11/16(Sat) -
半藤一利、江坂彰 『日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか』(知恵の森文庫)、読了。

近現代史に一家言ある半藤氏と、経営評論家の江坂氏による本。
対談かと思って買ってきたのですが、
どちらかというと往復書簡的な構成になってます。対話というのかな。

対談だと、議論が枝葉の部分に流れ込んでいったり、
結論が出ないまま別の議論に移っていったりというストレスが時々起こりますが、
本作は落ち着いた大人のやり取りが行われていて読みやすいです。

失敗を繰り返さないために歴史に学ぶ必要があるという主張は
大いに納得するところではありますが。
本作では、特に太平洋戦争を中心とする日本軍の行動思考とその結果について
いろいろと分析しているので興味深いところではありますが、
一方で、それぞれの話の中に断片的に登場してくるので、
全体像は分からないままです。

その点では、太平洋戦争の一連の流れを把握している人でないと、
この本で指摘していることや批判していることを、適切に理解するのは難しいかなと思います。
先に、半藤氏の本か何かで、太平洋戦争についての日本軍の動きをきちんと学んでから
読んだ方が良かったかなと思います。

本作の特徴のもう一つは、江坂氏が経営論と絡めて太平洋戦争を語っていることで、
その分析は、ちょっと浅いと思うところが多いのですが、
歴史のことだけを語る人2人が対話する銛も、
別の視点で考察する人と組み合わせているので視点が広がって面白かったなと思います。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  半藤一利 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『埋蔵金発掘課長』
- 2019/11/15(Fri) -
室積光 『埋蔵金発掘課長』(小学館文庫)、読了。

ブックオフに室積作品が結構並んでたので、
まだ読んでない作品を全部買ってきました(笑)。
室積ワールドって明確なので、ある意味安心して買えます。

で、本作は、広告代理店を早期退職して山口県の実家に戻った男が主人公。
Uターン後に一緒に暮らすはずだった父親にすぐに死なれてしまい、田舎で一人暮らし。
生活に困っているわけでもなく、午前中に近所の直売所に野菜を集荷するバイトだけ。
あとはのんびり浜辺で海を眺めたり、夜は家に同級生を呼んで宴会の日々。
そんな男に、市役所勤めの同級生が市長命令の仕事を持ち込んでくる・・・・・。

物語の軸は、財政が苦しい自治体が一発大逆転を狙って
埋蔵金発掘に乗り出すという、ドタバタコメディの王道で、
埋蔵金発掘課のメンバーや協力者も曲者ぞろいなのですが、
個人的には、発掘話よりも、地方での暮らし方や弱小自治体の大変さみたいなところに
興味を持って読みました。

「埋蔵金発掘課」なんて名前にしてしまうと、絵空事でリアリティがないように思えるかもしれませんが、
各地の自治体が取り組んでいる「自称・町おこし」みたいな企画の大半が、
埋蔵金発掘と同じようなレベルなのではないかと思ってしまいます。
正直、千三つの世界。

市長の思い付きで市役所職員が翻弄されたり、
口の回る市役所職員が知り合いをうまく巻き込んで活動を押し付けたり、
市役所の変にやる気のある職員は能力が無くてマイナス影響ばかりまき散らしたり、
アスリートのような能力のある若者に食べていくための仕事が無かったり、
郷土史家と妄想爆裂おやじは紙一重だったり、
まぁ、いずれも地方あるあるですよね。

そういう世界を、うまく描いてるなぁと思い、
地方に住む私の日常も、実は本作の舞台と似たり寄ったりなのかもと思ってしまいました。
この埋蔵金発掘課の密着取材をした涼子のような目線を、
その地に住みながら持っている感覚でしょうかね。

終盤、意外としみじみとした展開になっていきましたが、
たまにはこんな室積作品も良いですね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  室積光 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『残念な会議の救出法』
- 2019/11/14(Thu) -
山崎将志 『残念な会議の救出法』(日経ビジネス人文庫)、通読。

「残念なシリーズ」ですが、
残念な会議にあれこれダメだしする本かと思って軽い気持ちで手に取ったら、
かなり実践的なハウツー本でした。

具体的なニーズを抱えた状態で読んだら
かなり勉強になると思いますが、
特にそういうニーズがない状態で読んでしまったので
さっと流し読みして終わっちゃいました。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  山崎将志 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『食べ物日記』
- 2019/11/13(Wed) -
池波正太郎 『食べ物日記』(文春文庫)、通読。

タイトルから、池波さんの食エッセイだと思って買ってきたら、
なんとタイトル通りの「毎日の食べたものを淡々と記録した日記」でした。
朝・昼・晩、律義にすべてのメニューが記録されています。

一体、どうやって「読めば」いいの?って感じですが、
まぁ、こんな本まで出てしまうのは、池波作品の人気の凄さが分かりますよね。

最後に、池波氏による短い食のエッセイが数本と、
池波氏に近い人たちによる対談、鼎談が収録されていましたが、
雑誌編集長たちによる鼎談の中で繰り返し触れられていたのが、
『鬼平犯科帳』という作品の凄さ。

花田紀凱氏は、まさにこの『鬼平犯科帳』の担当編集者だったとのことで、
タイトルを付けたのも花田氏だそう。
こういう作品が世に出ていくところに関わっている人が、編集長になっていくんだなぁと
変なところで感心してしまいました。

いい加減、食レポばっかり読んでないで、『鬼平犯科帳』を読まないといけませんね。




にほんブログ村 本ブログへ

この記事のURL |  池波正太郎 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ